オーストラリアで悪徳ファームに引っかからないための4つの方法

はじめに

蝉の鳴き声を耳にして、

やっとシドニーにも夏が来たんだな…と実感しています。

どうも、なっちです。

オーストラリアに来て1年とちょっとが立ち、

今はセカンドワーキングホリデービザで滞在しています。

 

僕は運良くボランティアワークでセカンドビザを取得しました。

2015年7月ボランティアワークでセカンドビザを取得しました。

2015.07.22

ただし政府の改案により、

今現在はWWOOFなどのボランティアで

セカンドワーキングホリデービザを取得することが

難しくなってきていることは皆さんも御存知だと思います。

つまり、

今現在セカンドワーキングホリデービザを取得したい場合は、

嫌でも3ヶ月間ファームまたはファクトリーで働く必要があります。

ただ、 セカンドワーキングホリデービザを餌にして、

違法賃金で働かせられたり、

契約金と家賃だけ払って働かせてもらえなかったり、

女性の場合は性交渉を求められたりする問題が発生しているようです。

気になる方は以下の記事のコメント欄をご覧ください。

オーストラリアのファームで働きたい人へ。バンダバーグには絶対行くな!

2015.05.10

つまり限られた時間とお金、

そして自分自信を守る必要があります。

そこで今回は、 違法なファームに引っかからないための方法を紹介します。

悪徳ファームに引っかからないための4つの方法

1.下調べを十分にする

あたりまえのことですが、

これから行こうとしているファームや地域について十分に下調べをしましょう。

調べる内容としては、

過去に悪い経験をした人はいないか、

運悪く違法ファームにあたってしまった場合に、

他に移動する宛はあるかなどです。

偶然そのファームが違法なファームだっただけで、

他に善良なファームがあればすぐ移動してしまえばいいんです♪  

ファームについて情報を求めている方のための記事を書いたので情報収集にお役立て下さい。

オーストラリアのファームについて書かれているブログまとめてみた

2015.09.30

また、

ファームについての情報を共有し合えるFacebookグループもあるので、

そちらに参加して積極的に有益な情報を収集してください。

オーストラリア☆ワーキングホリデー 

Bulletin board of the farm in Australia(オーストラリアのファーム情報掲示板)

2.最低限必要な英語力を身につけておく

以前以下の記事でも紹介しましたが、

英語が話せない人はファームに行ってはいけない

2015.05.16

最低限相手の言っていることがある程度理解できて、

自分の言いたいことが伝えられるレベルの英語力は身につけておきましょう。

違法なファームの場合、

事前に教えられいた内容と現状が全く違っていたり、

言っていることがコロコロ変わります。

「あれ?このファームおかしいな?」

と気づくためには上記のような最低限の英語力が必要になります。

3.コネを作っておく

項目1の内容と少し重複しますが、

やはり一番信頼できるのは知り合いからの紹介です。

友人にわざわざ違法なファームを紹介する人なんてそうそういないはずです。

そんなこと言ったってここオーストラリア!

知り合いなんてそんなにいないよ…

という方は、

上記で紹介したようなブログやFacebookグループなどで積極的に情報提供者と交流しましょう。

またはMeetupのような地域交流会に参加して、

友人を作っておくことといいでしょう。

仲間をみつけよう – Meetup

4.違法なファームだと前もって心の準備をしておく

最後の方法は、自ら行う行動というよりは精神論。

「時給22ドルで週に1000ドル以上稼げ、セカンドビザも取得可能!!」

という情報に期待し、胸を膨らませて言ってみたら現実は残酷だった…

ということもよく耳にします。

ハードルを高くしておくから落ち込みも大きいのであって、

最初から「違法かもな…運良く善良なファームだったらいいな…」と

ハードルを下げていたほうが楽さが少ないので落ち込みも少なくなります♪

終わりに

違法なファームにあたって試行錯誤して現状を乗り切るっていうのも、

ワーキングホリデーという風に考える方もいるかもしれません。

ただ中には、

留学ビザだとお金が掛かり過ぎるからやむなくワーキングホリデーを選択したという人もいるはずです。

そんな方々は、時間とお金を最も効率よく使う必要があるので、

違法なファームでの体験はできるだけ避けるにこしたことはありません。

この記事を読んで、

有益なファーム情報にたどり着き、

少しでも違法なファームで働く人が減ることを願っています♪

それではまた~(^_^)/~

[amazonjs asin=”4121015479″ locale=”JP” title=”物語オーストラリアの歴史―多文化ミドルパワーの実験 (中公新書)”]

おすすめの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2014年10月〜2016年6月末までオーストラリアでワーキングホリデーを経験。 今後は地元沖縄を拠点にビジネス展開できるように計画中。 パワームーブとスキル大好きなパワーヘッダー偽B-boy。 ダーツ、カメラ、写真、散歩、ブレイクダンスとやたらと多趣味の変人。