2015年7月ボランティアワークでセカンドビザを取得しました。

はじめに

久しぶりの記事更新です。なっちです。

更新が途絶えていたのにはいろいろ理由がありまして・・・

5月末に3ヶ月のボランティアワークを終え、シドニーに引っ越しました。

家や仕事を探し、やっと落ち着いてきた。といった感じです。^^;

 

ここからが本題です。

ずっと不安だったのですが、

先週やっとセカンドビザが降りました!

申請してから1ヶ月くらいかかりました・・・

 

この記事を見てくれている方は、

今からWWOOF(ボランティア)で働く、

または現在WWOOF(ボランティア)で働いている方々だと思います。

ちゃんとセカンドビザが取れるか心配している方もいると思うので、

今回はそのことについて書かせていただきますね。

はじめに

この記事に辿り着いたということは、

皆さんも政府から発表されたこの内容をご存知なはず。

ワーホリ延長資格 ボランティアは不当(JAMS)

この記事を見た時は、

僕も背筋が凍りつく思いをしました。

なぜなら、

このルール改正が発表された当時、

僕はボランティアワークをしている真っ最中だったからです。

「しかし、このルール改正が適応されるのは今すぐではなく、

徐々に改正していく予定。」

この言葉だけを信じて残りの期間を過ごし、

無事にセカンドビザを取得しました。

体験談

僕がセカンドビザを取得出来たからといって、

タイミングや条件が違うはずなので、

全員がそうなるとは限りません。

参考になるかわかりませんが、

一応僕の場合状況をお教えしますね。

期間

2015年3月2日 〜 2015年5月29日(合計89日間)

ボランティア内容

  • 花や野菜のプランティング
  • ピッキング
  • ガーデニング
  • 干し草集め
  • ハウスキーピング
  • クッキング

労働時間

7時間/1日 × 6日間

ビザ申請日

2015年6月9日

ビザ取得日

2015年7月16日

取得に時間がかかったのには別の理由がありまして・・・

政府から申請した際に入力した情報以外の、

更なる情報を求められ、

その書類の準備に時間がかかったからです・・・^^;

セカンドビザの申請方法と、その時に求められあ情報について

以下の記事にまとめてあるので必要な方は読んで下さい♪

【簡単!自分でできる!】セカンドビザの申請方法

2015.08.16

注意点

ご存知な方もいるかと思いますが、

すべてのボランティアワークがセカンドビザ取得対象ではありません。

季節労働に分類される内容のもので3ヶ月(88日間)働く必要がありますし、

取得できる地域も決まっているので注意が必要です。

また、1周間の労働時間が40時間未満の場合は、

フルタイムワークと認められないため、

セカンドビザ取得対象外らしいです。
(無料エージェントに相談しに行った時に教わりました。)

 

お気づきの方もいるかと思いますが、

上記した僕の仕事内容の一部は季節労働に分類されるものではありません。

しかし、僕の雇用主はPermacultureをしていたため、

どうにか条件をみたすことができました。

Permacultureについて詳しく知りたい方はこちらを御覧ください。

パーマカルチャーとは

 

そしてこれが最も伝えたいこと。

僕が3ヶ月間従事していたボランティアは、

WWOOFではありません。

 

え!?

と思ったかたもいますよね?

そうです。それが普通です。

僕も知らなくてオーナーから聞いた時は驚かされたんですから。

ビザを申請する際に、オーナーに問い合わせるまで知りませんでした・・・

 

僕がここまで、WWOOFでセカンドビザを取得しました!

と言わなかったのはこの理由です。

 

このオーナーさんは、

Helpxというボランティアを募集しているサイトで見つけました。

そのサイトの情報には、

「セカンドビザ取得可能!」

と書かれていたので、

何も心配せず、疑わずにいたんです。

ボランティアワークはすべてWWOOFだと思っていたんですよね・・・^^;

 

僕の場合は運良くセカンドビザが取得できたから良かったですけど、

そうでない場合もあると思うので、

Helpxなどのサイトでボランティアを探す場合は、

働く前にちゃんとオーナーさんに確認してくださいね。

ちなみに、オーナーさん自体がセカンドの取得について詳しくない場合もありますので、

仕事内容や労働時間を確認して、

間違いなくセカンドビザが取れるかご自身で確認することをおすすめします。

 

終わりに

オーストラリア政府からルール改正の発表があって以降、

本当にボランティアでもセカンドビザが取れるの!?

って不安に思っている方も多くいると思いますが、

今のところ(2015年7月現在)ならまだ取得可能です!

今後は徐々に変わっていくはずなので、

ファームで3ヶ月耐え忍ぶしかありません…

ファームについての情報をお探しの方はこちらの記事をご一読下さい。

オーストラリアのファームについて書かれているブログまとめてみた

2015.09.30

ただ、僕の場合は上記で記したように

WWOOFではないボランティアだったため、

WWOOFのボランティアをしている方が同じなのかはわかりません・・・

申し訳ありません。

 

この記事がこれから、

セカンドビザを取得しようと思っている方の参考に

少しでもなれば幸いです(*^_^*)

[amazonjs asin=”4594610250″ locale=”JP” title=”かけがえのない旅のつくりかた オーストラリア篇 (扶桑社ムック)”]

おすすめの記事

関連記事

2 件のコメント

  • こんばんは!はじめまして。ただいまオーストラリアでワーホリ中です!

    パーマカルチャーセンターにちょこちょこ行ったりしてるのですが、筆者さんは1年前どこでセカンドを取られたんでしょうか?

    パーマカルチャーのことを学びながら、これからセカンド取得を考えているので、ぜひメールででも教えてくださるとありがたいです!よろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    2014年10月〜2016年6月末までオーストラリアでワーキングホリデーを経験。外資系企業に務めながら、副業でブログやサイトを運営し、今後は地元沖縄を拠点にビジネス展開できるように計画中。 ダーツ、カメラ、写真、散歩、ブレイクダンスとやたらと多趣味の変わった人。