無料で超簡単にお洒落なロゴが作れるDesignEvoが超便利【PR】

テンプレから無料でお洒落なロゴが作れる「DesignEvo」

どうも、なっち(@Nacchi)です。

ブログやSNSのヘッダー画像、アイコンをお洒落なやつにしたいけど、自分にはそんなスキルは無い。

かと言って、プロに頼めるほどお金に余裕は無い…っていう人って多いのではないでしょうか。

そんな人におすすめなのが、豊富なデザインテンプレートから好きなものを選び、アイコンやテキストを差し替えるだけでお洒落なロゴが簡単に作れる「DesignEvo」というサービス。

DesignEvoのテンプレート

DesignEvoのテンプレート

こんな感じで良い感じのテンプレートがめちゃめちゃたくさんあります。しかも、条件付きで基本的に無料で使えるという神サービス!

しかも、インストール不要でWebブラウザ上で動作するので、パソコンだけじゃなく、頑張ればスマホでも利用可能。

実は今回、サービスを提供している「PearlMountain Limited」から依頼を頂き、無料版だけじゃなく有料版の機能を使わせていただきました。

プラスプランで作成した「なちブのロゴアイディア」

プラスプランで作成した「なちブのロゴアイディア」

アイディアが全く無い中で、テンプレートを選んで好きなもののアイコンを詰め込んだだけで、ある程度それっぽいデザインができちゃう凄いやつ!

なっち
お洒落な動画が簡単に作れる「Flex Clip」もあります。気になる人は、こちらの記事をチェックしてみてね
FlexClipレビュー

ブラウザでサクサク動く動画編集ソフト「Flex Clip」レビュー。料金プランや機能を徹底解説【PR】

2020年10月24日

そこでこの記事では、「DesignEvo」でできることや実際のロゴ作成手順、使ってみた感想を紹介します。

手軽にお洒落なデザインのロゴを作りたい人の参考になると思うので、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

DesignEvoでできること&料金プラン

DesignEvo

DesignEvoは、Webブラウザ版、Android版、iPhone版、Mac版の4種類があり、それぞれで料金や使えるテンプレートの数が異なります。

スマホアプリ版は、無料でダウンロードできますが、無料で使えるテンプレートの数に制限があり、より多くのテンプレートを使うには、課金して購入する必要があります。

Mac版はアプリ自体が有料で無料では利用できません。

それらと比較すると、Webブラウザ版は基本的に無料で利用でき、10000以上のテンプレートを選択可能。

圧倒的にこっちのほうが便利なので、今回はWebブラウザ版に焦点を絞って紹介します。

DesignEvo Webブラウザ版でできること&料金プラン

料金プラン 無料 ベーシック プラス
低解像度
(JPG, PNG)
高解像度
(JPG, PNG)
最大300px 最大5000px 最大5000px
透明PNG ×
編集して再ダウンロード
制限あり
HD印刷用
高解像度ファイル
×
ベクターファイル
(PDF, SVG)
× ×
フォントファイル
ダウンロード
× ×
生涯サポート ×
著作権所有権 × ×
プロモーション 必要 不要 不要
価格 無料 39.99ドル
24.99ドル
99.99ドル
49.99ドル

料金プランは、無料、ベーシック、プラスの3種類。

それぞれのプランの大きな違いは、料金とダウンロードできる画像ファイルの解像度で、テンプレートやアイコンの数など、デザインの編集機能についての制限はありません。

無料プランは、お金がかからない代わりに、SNSでのシェアがやクレジットの表記が必要で、解像度が300pxの画像ファイルのみダウンロード可能。

解像度が低いため、印刷物やブログヘッダーなどの利用には向きませんが、SNSのアイコンのような小さく表示するものであれば実用レベルです。

大きく表示すると荒い画像だと気づく

大きく表示すると荒い画像だと気づく

小さく表示されると全然気にならない

小さく表示されると全然気にならない

なっち
無料プランは、こんな風に小さく表示するアイコンにおすすめ。テンプレートから選ぶだけでお洒落ないアイコンを簡単に作れます。詳しくは後ほど紹介しますね。

ベーシックプランとプラスプランは有料の分、SNSでのシェアやクレジットの表記は必要なく、最高5000pxの高解像度な画像ファイルがダウンロード可能。

しかも、編集は何度でも可能で、再ダウンロードも無制限。

作成した当初は完璧だと思っていても、微調整したくなることが時たまありますが、そういった場合でも対応可能なのがこのサービスのナイスなところです。

DesignEvoで使えるテンプレートとアイコンの一例

デザインテンプレートとアイコンの数の豊富さがこのサービスの特徴。

流石に10,000種類は紹介しきれないので、一部だけを簡単に紹介します。

DesignEvoで使えるテンプレート例

デザインテンプレートは、「人気」の他に以下の18種類のカテゴリから選択可能。

  1. アブストラクト
  2. 動物&ペット
  3. アート&エンターテインメント
  4. 自動車&物流
  5. ビジネス&ファイナンス
  6. 育児&教育
  7. ファッション&美容
  8. 食品&ドリンク
  9. 産業&建設
  10. 法律&政治
  11. レター
  12. ライフスタイル
  13. 医療&医薬品
  14. 自然環境&環境
  15. 非営利
  16. スポーツ&フィットネス
  17. テクノロジー&コミュニケーション
  18. トラベル&ホテル
なっち
これだけあれば、ほぼ確実に好みのテンプレートが見つかるはず!
人気テンプレートの一部

人気テンプレートの一部

「アブストラクト」テンプレートの一部

「アブストラクト」テンプレートの一部

「動物&ペット」テンプレートの一部

「動物&ペット」テンプレートの一部

「アート&エンターテインメント」テンプレートの一部

「アート&エンターテインメント」テンプレートの一部

「自動車&物流」テンプレートの一部

「自動車&物流」テンプレートの一部

「ビジネス&ファイナンス」テンプレートの一部

「ビジネス&ファイナンス」テンプレートの一部

「育児&教育」テンプレートの一部

「育児&教育」テンプレートの一部

「ファッション&美容」テンプレートの一部

「ファッション&美容」テンプレートの一部

「食品&ドリンク」テンプレートの一部

「食品&ドリンク」テンプレートの一部

「産業&建設」テンプレートの一部

「産業&建設」テンプレートの一部

「法律&政治」テンプレートの一部

「法律&政治」テンプレートの一部

「レター」テンプレートの一部

「レター」テンプレートの一部

「ライフスタイル」テンプレートの一部

「ライフスタイル」テンプレートの一部

「医療&医薬品」テンプレートの一部

「医療&医薬品」テンプレートの一部

「自然環境」テンプレートの一部

「自然環境」テンプレートの一部

「非営利」テンプレートの一部

「非営利」テンプレートの一部

「スポーツ&フィットネス」テンプレートの一部

「スポーツ&フィットネス」テンプレートの一部

「テクノロジー&コミュニケーション」テンプレートの一部

「テクノロジー&コミュニケーション」テンプレートの一部

「トラベル&ホテル」テンプレートの一部

「トラベル&ホテル」テンプレートの一部

こんな感じでありとあらゆるジャンルのテンプレートの中から、どれでも好きなものを選んで何個でもデザインを作成することが可能。

数が多すぎるので、関連ワードを使って検索したほうが早く好みのテンプレートを見つけることができると思います。

DesignEvoで使えるアイコン例

「YouTube」アイコンの一部

「YouTube」アイコンの一部

「ゲーム」アイコンの一部

「ゲーム」アイコンの一部

「インスタグラム」アイコンの一部

「インスタグラム」アイコンの一部

「犬」アイコンの一部

「犬」アイコンの一部

「パソコン」アイコンの一部

「パソコン」アイコンの一部

「翼」アイコンの一部

「翼」アイコンの一部

「家」アイコンの一部

「家」アイコンの一部

「アンカー」アイコンの一部

「アンカー」アイコンの一部

アイコンもこんな風に豊富に用意されていて、関連ワードを使って検索することで、数百万点のアイコンの中から好みのものを見つけられます。



なっち
同じアイコンでも数が多すぎて、逆にどれを選べばいいのか迷ってしまうレベル…(^_^;)

ちなみに、登録しなくても使えるテンプレートやアイコンを確認できるので、他にどんなデザインがあるのか気になる人は是非チェックしてみて下さい。

DesignEvoでの実際のロゴデザイン方法

それでは、実際にテンプレートを使ってロゴを作成してみましょう。

デザインの作成方法は、簡単な3ステップ

  1. テンプレートを選ぶ
  2. テキストやアイコンの装飾をカスタマイズ
  3. 完成したロゴをダウンロード

DesignEvo公式サイトにアクセスし、「無料でロゴを作成する」をクリック。

「無料でロゴを作成する」をクリック

「無料でロゴを作成する」をクリック

好みのテンプレートを選び、「カスタマイズ」をクリック。

カスタマイズを選択

カスタマイズを選択

デザイン編集画面になるので、色やアイコンを変更して好みのデザインになるようにカスタマイズ。

ロゴタイトルとスローガンを書き換えるだけでもお洒落なロゴが完成しますが、他の人とかぶってしまう可能性があるので、できるだけテンプレートをカスタマイズして使うことをおすすめします。

テキストを変更するには、対象となるテキストをダブルクリックして変更可能。

テキストの編集はダブルクリック

テキストの編集はダブルクリック

フォントやスタイルは画面の上の方にあるメニューから変更が可能です。

装飾は画面の上のメニューで行う

装飾は画面の上のメニューで行う

なっち
直感的にわかりやすい画面配置になっているので、WordやPowerpointを使ったことがある人なら、迷うことなく操作できると思います。

オブジェクトやアイコンは、色の変更や反転、サイズ変更や回転など、簡単な編集のみ可能で、形状を大きく変更することはできません。

アイコンやオブジェクトは簡単な変更のみ

アイコンやオブジェクトは簡単な変更のみ

アイコンの追加や変更は、画面左端にあるアイコンメニューから、任意のものを選ぶだけ。シェイプも同様の手順で追加可能です。

左端のメニューからアイコンの変更が可能

左端のメニューからアイコンの変更が可能

画面上の「プレビュー」をクリックすると、名刺や製品に印刷したときのイメージプレビューが表示されます。

なっち
実際にどんな感じでプリントされるかイメージしやすいので、これはめちゃめちゃ便利な機能
プレビュー①

プレビュー①

プレビュー②

プレビュー②

ロゴが完成したら、「ダウンロード」をクリック。ココで初めてユーザ登録を求められるので、手順に従って勧めて下さい。

「低解像度のフリーロゴをダウンロード」をクリックします。

無料版のダウンロード

無料版のダウンロード

無料版では、SNSでのシェアか使用するウェブサイトでのクレジット表記が必要なので、完了したら「同意してダウンロードする」をクリックすると、作成したロゴがダウンロードできます。

無料版のダウンロードは条件付き

無料版のダウンロードは条件付き

ダウンロードしたZipファイルを解凍すると、JPGとPNGのファイルが入っています。

300pxと解像度は低いですが、こんなに簡単にお洒落なロゴが作れてしまいました。

完成したロゴファイル

完成したロゴファイル

DesignEvoを実際に使ってみた感想

ここからは、実際に「DesignEvo」を使ってみた感想を、良い点と不満な点も含めて紹介していきます。

登録しなくてもロゴデザインを作れるのがナイス

実際のロゴ作成手順でも説明したとおり、登録が必要なのは作成したロゴデザインをダウンロードするタイミング。つまり、ユーザ登録しなくてもテンプレートやアイコンを検索したり、それらをもとにオリジナルのロゴを作成できます。

普通Webサービスといえば、無料でも登録しないと何もできないことが多いですが、せっかく登録したのに思ったものと違って結局使わずじまい。なのに営業のメールは届く。みたいなことがありえますが、登録不要で使い勝手を試せるのでそのリスクを回避できます。

無料でも何個もロゴが作れるのでアイディア出しに使える

無料でも無制限でロゴが作れる

無料でも無制限でロゴが作れる

ユーザ登録すれば、作成したロゴがクラウド上に保存でき、何個でもデザインを作成することが可能。しかも、これも無料。

無料で作れる数に制限が無いと、躊躇なく色んなデザインアイディアをサンプルとして作成できるので、その中からより良いデザインのロゴを作成することが可能。

最終決定したロゴにだけお金を払えば、より高解像度の画像ファイルをダウンロードできるので、コスパ抜群♪

デザインテンプレート&アイコンが豊富で便利

テンプレート&アイコンのサンプルでも紹介したとおり、利用できるデザインが超豊富。

  • お洒落なロゴをデザインしたいけどアイディアが思い浮かばない
  • アイディアはあるけど、それを実際にデザインにするスキルがない

こんな人でもテンプレートとアイコンを利用すれば、より理想に近いロゴデザインが簡単に作れてめちゃめちゃ便利。

なっち
僕は昔から、紙の上でロゴを考えるのは好きなんですが、デジタル化する技術が全然なかったので、こんなサービスもっと早く知りたかったと思いました。

検索が英語じゃないと正確ではない

「Soccer」で検索した場合

「Soccer」で検索した場合

「サッカー」で検索した場合

「サッカー」で検索した場合

「Soccer」で検索すると問題ありませんが、「サッカー」で検索するとご覧のように全然関連性の無いアイコンがヒットしてしまっています。

サービス自体は日本語に対応していますが、検索機能が日本語に対応できていないため、英語になれていない人だと検索にちょっと手間取ってしまうかも…

そのため、英語が苦手な人はWeblioのような辞書サイトを使って、英語で検索するようにしてください。

グループ化できないのが不便

グループ化ができない

グループ化ができない

配置されたオブジェクトの複数選択は可能だけど、それをグループ化することができません。

なので、レイアウトを変えずにまとめて移動させたいオブジェクトがあった場合は、毎回全てのオブジェクトを選択する必要があります。

また、複数選択した場合は回転が使えなくなるのでこれがめちゃめちゃ不便。

複数オブジェクトの回転ができないのは不便

複数オブジェクトの回転ができないのは不便

特に丸いロゴをデザインしている場合、複数のオブジェクトをまとめて回転させたいことがあるのですが、それができないので1つずつ適当に角度を変える必要があります。

プロジェクトの複製ができない

プロジェクトの複製ができない

プロジェクトの複製ができない

デザイン(プロジェクト)が何個でも作成できるのは便利なのですが、作成したデザインを複製する機能がありません。

できるのは、「編集」か「削除」のみ。

複製ができないと、ほぼ同じデザインのカラーバリエーションが違うものを作る際などでも、最初から全てデザインを作り直す必要があります。

また、微妙に文字の大きさを変更してVer1とVer2で比較してより良いやつを選びたい場合でも、やはり最初から全て作り直す必要あるのでかなり面倒…

ベクターファイルがダウンロードできる

プラスプランならSVGファイルが使える

プラスプランならSVGファイルが使える

グループ化やプロジェクトが複製できない問題は、実は有料のプラスプランを利用すれば全て解決可能。

プラスプランではベクターファイル(SVG, PDF)がダウンロードできるので、作成したデザインをAdobe Illustratorなどで編集が可能になります。

パスの形状変更などもできるようになるので、Illustratorが使えて、よりデザインをカスタマイズしたい人はプラスプランがおすすめです。

まとめ

  • DesignEvo」は無料でロゴが何個でも作れる便利なロゴデザインサービス
  • デザインのスキルが無くても、テンプレートを使えば誰でもお洒落なロゴが自分で作れる
  • プラスプランを使えばSVGファイルが扱えるのでより高度なカスタマイズが可能

今回は、誰でも簡単にロゴがデザインできるWebサービス「DesignEvo」を紹介しました。

登録しなくてもテンプレートを閲覧したり、ロゴ制作が可能で、登録すればいくらでも無料でデザインを保存できるので、デザインのアイディア出しに適したサービスだと思います。

無料版では、シェアや解像度が低い制限はありますが、SNS用のアイコン程度あれば問題なく使えるので、手っ取り早くお洒落なアイコンを作りたい人におすすめ。

グループ化やデザインの複製ができない不便な部分もありますが、それが気にならなくなるほど豊富なテンプレートとアイコンを備えているので、デザイン用のソフトを使えない人は是非使ってみて下さい。

関連記事

テンプレから無料でお洒落なロゴが作れる「DesignEvo」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

2014年10月〜2016年6月末までオーストラリアでワーキングホリデーを経験。外資系企業に務めながら、副業でブログやサイトを運営し、今後は地元沖縄を拠点にビジネス展開できるように計画中。 ダーツ、カメラ、写真、散歩、ブレイクダンスとやたらと多趣味の変わった人。