【簡単!自分でできる!】セカンドビザの申請方法

はじめに

おかげさまで、オーストラリアに来て約10ヶ月が経過しました。どうも、なっちです。通常ならビザもそろそろ期限切れなのですが、先日お伝えしたとおり無事にセカンドビザを取得しました。

詳細は以下の記事を参照。

2015年7月ボランティアワークでセカンドビザを取得しました。

2015.07.22

上記のセカンドビザを申請した際、エージェントを通さずに自分でオンラインから申請をして取得したので、今回はその方法について解説します。

 

※申請方法について解説しますが、

ご自身の責任のもと申請を行って下さい。

この記事を元に申請をして何らかの問題が発生した場合でも責任は負いかねます。

ご了承下さい。

セカンドビザの申請方法は3通り

  1. オンライン(インターネット)でオーストラリア国内から申請
  2. オンライン(インターネット)でオーストラリア国外から申請
  3. オフライン(郵送)でオーストラリア国内から申請

セカンドビザを申請する方法は上記の3通りがあります。

今回解説するのは1番目の、「1.オンライン(インターネット)でオーストラリア国内から申請」についてです。

2,3番目のパターンの場合は申し訳ありませんが、該当しないのでこの先の内容は読まずに、このページを閉じちゃってください。

ただし、オンラインから申請するという点からすると「2.オンライン(インターネット)でオーストラリア国外から申請」についても大差ないかもしれません。個人的な意見ですが・・・

まぁ気になる方は目を通してください(笑)

セカンドビザの申請料金

440ドル(2015年7月現在)
以前は420ドルだったようですが、2015年7月1日より上記料金に値上がりしたようです。

セカンドビザを申請する際に用意するもの

  1. Form1263 ※必須
  2. 銀行口座情報
  3. 銀行口座の利用明細
  4. 給与明細
  5. 公共交通機関のチケット
  6. 雇用主(ファーマー)からのリファレンス

1.Form1263

セカンドビザの申請に必要なフォームです。

雇用主が記入する欄とあなたが記入する欄がありますので、抜けがないように記入しましょう。

Form1263のダウンロード

以下のリンクよりダウンロード可能です。

Form1263

Form1263の書き方

書き方の説明を画像にまとめたので、参考にしてみてください。

Form1263-1 Form1263-2

記入が終わったら、そのフォーム1263をスキャナなどでスキャンしてデータ化して下さい。

スキャナをお持ちでない場合は、以下の記事で紹介している場所でスキャナが格安で使えます。

シドニーで印刷、コピー、スキャン、写真プリントするならOfficeworksへ行け!

2015.09.05

オーストラリア全土にある大きなチェーン店なので、

どの場所にいてもほぼ確実に店舗を見つけられると思います。

2.銀行口座情報

支店名、BSB、口座番号の3つが必要

3.銀行口座の利用明細

ファームで働いていた期間を網羅する利用明細が必要です。

銀行に行って、「Transaction history」や「Transaction statement」と言うと無料で受け取ることができます。

※銀行によって呼び方が違ったり、手数料がかかることがあるようです。

4.給与明細

紙媒体で受け取っていた場合はデータ化しましょう。

WWOOFのようなボランティアワークの場合は、給与明細はないはずなので必須ではありません。

5.公共交通機関のチケット

バス、電車、飛行機などのチケット。

提出は必須ではありませんが、ファームへ行った証明になるので、念のためとっておいて、データ化しましょう。

6.雇用主(ファーマー)からのリファレンス

こちらも必須ではありませんが、あなたがファームで働いていたことを証明するものになります。

僕の場合は、働いていた期間や労働時間、そして労働内容について書いてもらいました。

上記のものが揃ったら、

いよいよインターネットを使って、オンライン申請しましょう。

セカンドビザの申請方法(オンライン)

1.移民局のサイトのアカウントを取得

1.こちらの移民局のサイトにアクセス

2.アカウントを取得しなくてはいけないので、「Create ImmiAccount」をクリック。
※既にアカウントを所得済みの方は次の手順に進んで下さい。

1

3.名前、メールアドレス、秘密の質問などを入力しアカウント「Create」をクリック。
以上でアカウントの作成は完了です。

2.移民局のサイトにログインしてセカンドビザを申請

1.もう一度移民局のサイトにアクセスし、今度は取得したアカウント情報を入力してログインします。

3

2.「New Application」をクリック。

4

3.「Work & Holiday」→「Second Working Holiday Visa – for applicants in Australia」をクリック

5

4.すると下の写真のようなセカンドビザ申請用のページに移動するので、
画面の説明にしたがって情報を入力していきます。

6

この英文わかんないよ!?

どうしたらいいの!?

という方がいらっしゃると思いますので、

そういった方は、

下記のページで申請ページのことを一つ一つ訳してくれているので参考にしてみてください。

図解!セカンド ワーキングホリデービザの申請方法

申請が完了すると、移民局より自動返信メールが届きます。

これは特に返信する必要がありませんので、担当者からの連絡を待ちましょう!

更に情報を求められた場合

このようなケースは少ないと聞いていたのですが、僕と同時期に申請した2人も移民局より更なる情報を求められたそうなので、最近は結構厳しくなっているのかもしれません。

無料のエージェントに相談しに行った際も、「基本的に申請した人は全員求められますよ」とおっしゃってました。

と言うことで、この点について少し詳しく触れていきますね。

ただし僕が受け取った内容を基準に説明するので、人によっては内容が異なるかもしれません。

その点についてはご了承下さい。

1.移民局よりメールが届く

下記のようなメールが届いた場合は、移民局に更なる情報を提出しないといけません。

how-to-apply-2ndvisa_7

このメールには5つファイルが添付されています。

  1. IMMI Request for More Information
  2. IMMI Request Checklist and Details
  3. 1 Form 1263
  4. 2 Job Description
  5. 3 Bank Authorisation

1.IMMI Request for More Information

これはいわゆるカバーレターのようなものです。

メール本文がシンプルな代わりに、このファイルにいろいろなことが書かれています。

このファイルで一番重要なのは、「求められた情報を28日以内に返信してください!」という部分です。

2.IMMI Request Checklist and Details

移民局が求めている情報(書類)の内容が記載されています。

僕の場合はこのような内容が届きました。(一部抜粋)

IMMI_Request_Checklist_and_Details01
IMMI Request Checklist and Details02

これにはこんな感じのことが書かれています。


フォーム1263を提出してください。

そしてそのファームで働いていた証拠になる書類を提出してください。

最も有効な書類は、働いていた期間の銀行口座の利用明細です。

2番目に有効書類は、給与明細などです。

3番目に有効な書類は、公共交通機関のチケットや雇用主からのリファレンスです。

全て提出する必要はありませんが、確実にセカンドビザを取得したいのであれば、できるだけ全て揃えて提出したほうがいいかもしれません。

1 Form 1263

これは上記で既に説明しているので、内容は割愛します。

2 Job Description

ファームで働いていた期間や仕事内容を記入する書類です。

全部で5ページありますが、全てを記入する必要はありません。

1箇所のファームでしか働いていない場合は、1ページだけで大丈夫です。

※注意点

通常のファームワークの場合はわかりませんが、

僕のようなボランティアの場合、

週の労働時間が40時間以上じゃないとセカンドビザの申請条件に合わないらしいです。

こちらもエージェントに相談しに行った時に教えていただきました。

3 Bank Authorisation

銀行口座の情報を記入する書類です。

この書類はWWOOFのようなボランティアワークで、収入がなかった場合でも提出する必要があるようです。

2.書類をメールに添付して返信

上記の書類のが整ったら全てスキャンしてデータ化しましょう。

そして、移民局から届いたメールに対して書類を添付してそのまま返信します。

移民局のサイトにアップロードすることも可能ですが、メールに添付するほうが簡単ですよね?笑

また、郵送での提出も可能です。

ただしその場合は、「Certified copies」という、これらの書類(コピー)は改ざんなどがされていない正式なものですよ。

といった内容の証明書を警察や薬局などで入手する必要があります。

メール添付の場合は、「Certified copies」が必要ないですし、郵送料もかかりません。

更に郵送より迅速に送れるので絶対メールのほうがおススメです。

移民局への必要書類の提出が終わったら、あとはもう無事にセカンドビザが降りるように神に祈るのみです(^_^;)b

セカンドビザの取得通知

セカンドビザ取得の合否が移民局からメールで届きます。

通常3週間ほどで通知が来るらしいのですが、僕の場合は5週間とかなり遅れて届きました。

届くまでの間は、もしかして落ちちゃったかな・・・と心配ばかりしていました・・・^^;

届いたメールにビザの情報が添付されていますので、ちゃんと1年延長されているか確認してくださいね。

まとめ

一部割愛したりしましたが、以上がセカンドビザ申請から取得までの流れです。

見慣れない英単語が多かったりして少々難しく感じますが、実際にやってみるとそんなに難しいものではありません。

エージェントにお願いすると、100ドルくらい手数料を支払わないといけないので、自分で挑戦してみてはいかがですか?

そして、浮いたお金で豪華なディナーや旅行を楽しでみてはどうでしょうか?

無事に2ndが取得できたあかつきには、こんな素敵な旅行を楽しんでみては?

[amazonjs asin=”4594610250″ locale=”JP” title=”かけがえのない旅のつくりかた オーストラリア篇 (扶桑社ムック)”]

それではまた・・・(^_^)/~

おすすめの記事

関連記事

24 件のコメント

  • 私も書類提出の要請がきました。immiのウェブでドキュメントを加えたのですが、あっているのか不安なのでメールでも送りたいなと思うのですが何処に送っていいのか分かりません。アドレス等お分かりでしたら教えていただきたいです。お願いします。

    • yammyさん

      返答がだいぶ遅れて終い大変申し訳ありません。

      既に解決済みかとは思いますが、
      上記説明の本文にも記載してあるとおり、
      Immigrationから問い合わせがあったメール日して返信をする形になります。
      そうじゃないと、セカンドビザの申請者が多いので、
      Immigrationの審査担当者が誰のドキュメントなのか判断(管理)するのが大変だからです。

      そのため、申請を求められたら再提出し、
      求められなければそのままで審査の結果を待ちましょう。

    • Yammyさん

      ご質問ありがとうございます。

      記事の本文にも記載していますが、
      書類提出の要請がメールにて届いていると思うので
      そのままそのメールに添付して返信して下さい。
      僕はそうしましたし、
      無料のエージェントに相談した時もそのようにして下さいとアドバイスされました。

      無事に2ndを取得できるといいですね♪
      その際はまたコメントでもくださいね!

  • はじめまして。今回セカンド申請するにあたって参考にさせて頂きました^^
    深夜にやっと申請が終わり一息つきましたがこの後メールなどが届くが不安です。
    質問なのですが申請フォームのビザ代の振込みを入力するじゃないですか?
    それって申請代金なので先払いとはおもうのですが、 許可が下りなかった場合は?お金はどうなるのでしょうか?ご存知でしょうか?

    まだ色々質問があるのですが、またこれの返事が来る次第質問させていただきます^^

    • かすみさん

      ご質問ありがとうございます。
      僕は申請の場合は、申請が通ったので確かではありませんが、支払うのはビザの申請料金。つまり、手数料のようなものなので、ビザが下りなかったとしても返ってこないと思います。

      お金も取られて、ビザも取得できないという最悪な状況を避けるため、多くの人がエージェントに依頼していると思います。

      • なっちさん。
        早急な対応(返事)ありがとうございます(^-^)

        そうですよね。手数料ですもんね。
        後気になるのは次の連絡のメールは何日後に来ましたか? 書類等の連絡です。

        私が添付できるのは ファームで書いてもらったら書類1枚しかありません。
        NABの銀行カードはあるのですが。
        解約しちゃったかもしれなくて。。大分前なので覚えてなくて。
        でも一応写真撮って添付したほうがいいですよね? まだまだ不安です´д` ;

        • かすみさん

          返事が遅れてしまい申し訳ありません。
          ラウンドと日本への帰国があったため、
          中々インターネットに接続できず、
          コメントの確認が遅れてしまいました。

          そうですね。
          銀行のTransaction Historyは必須になるので、
          添付が必要になります。

          ただし、僕の場合は、
          必要書類が足りないので添付して下さい。
          という返事のメールを頂いてから、
          後日メールにて添付送信しましたよ。

          無事にセカンドビザが取れるといいですね♪

  • こんにちは。セカンドビザ取得のために参考にさせてもらっています!
    突然のメール失礼します!今、セカンド申請をして、追加書類を提出してください。と返事がきました!
    質問なのですが、Job Descriptionの書式を探しているのですがどこにありますでしょうか?!

    • ききさん

      ご質問ありがとうございます。

      「追加書類を提出してください」という内容のメールに5種類の書類が添付されていると思います。その中に含まれていないでしょうか?

      もし見つからない場合は、僕がもらったものを転送しますのでご連絡ください。

      • 返信頂きありがとうございます!
        私のリクエストメールはchecklist and Detailsとfor more infomationのファイルしか添付されていません。
        ということは、1263とpayslipが添付されていればよいということなんでしょうか?!
        実際に私のメールを、見ていないのにこのような質問をしてすみません。

        • ききさん

          添付されていないのであれば必要ないかもしれません。
          もし不安でしたら返信して聞いてみたほうが良いと思います。

          ちなみに1263とPayslip以外にも恐らく銀行口座の取引明細が必要と書かれていると思います。
          Checklist and Detailsにかかれている書類は、可能な限り全て提出したほうが良いみたいですよ。

          • 丁寧に答えてくださってありがとうございます!
            それでやってみます!

  • こんにちは、
    セカンドビザを提出して1ヶ月がたちました。毎日メールをチェックしてますが届きません。
    口座から440ドルは引き落とされてました。
    イミアカウントにも何回もアクセスしてます。
    どーしたらよいでしょうか返信お願いします涙

    • ご質問ありがとうございます。

      迷惑メールフォルダは確認しましたか?
      登録の際に入力したメールアドレスに間違いはありませんか?

      1ヶ月何も音沙汰が無いというのであれば、もう一度と合わせてみてはいかがでしょうか?

  • ご回答ありがとうございます。
    迷惑メール、メールアドレスばっちりです。

    問い合わせはどのようにでしょうか。
    イミアカウント?にログインしてログインサクセスというメールも来ます。
    サブミットしてももうすでにしてある。という風にきます>_<

      • 返信ありがとうございます。
        イミアカウントのアプリケーションメイルボックスがさがしてみたのですが確認できなくて
        おそらくきてないとはおもうのですが。

        貼り付けていただいたWebで問い合わせてみます。
        本来は申請するときに書いた自分のアドレスにくるのですよね?なぜこないのか>_<

        • はい、登録されたご自身のアドレスに何かしら連絡があります。

          イミアカウントのアプリケーションメイルボックスには、あなたのメールアドレスにメールを送りましたよ!
          というような連絡が入っています。(通常の場合)

  • 問い合わせしてみたのですが、
    ビザの種類を打ち込んでサブミットしただけなので問い合わせできてないような、、>_<

    英語があまり得意じゃないのですが
    電話してみます。

    • そうですね。電話での問い合わせはハードルが高いですが、最も迅速なのでそのほうが良いと思います。

      いい結果が貰えるように願っておきますね♪

  • 迅速で丁寧な対応ほんとありがとうございます。
    それだけでほっとしました。

    電話や問い合わせしてみてまたもしなにかあったらここに連絡させてください。
    ありがとうございました。>_<

  • こんばんは、
    返事がやっときたら私もmoreインフォメーションを求められました。
    銀行口座の明細についてなんですが、
    いま日本にいてサイト上で内容確認するようなことしかできないのですが、
    どのように送付、証明したらよいのか教えてください!!

  • あと確認なんですが、
    移民局くら届いたメールというのは
    moreインフォメーションと書かれてる普通のメール文のアドレスに
    送付して返事したらよいのでしょうか。
    何度もすいません
    よろしくお願いします

    • こちらの記事は、本文の冒頭にもあるように、オーストラリア国内からセカンドビザを申請するものですが大丈夫でしょうか?

      基本的に、国内から申請中の場合は、国外への出てはいけないという決まりがあるのでちょっときになりました…

      ネットバンキングの取引状況を添付するしかないと思いますが、
      それが認められるかはわかりかねます。
      できれば銀行が発行した紙のトランザクションヒストリーをデータ化したほうがいいとお思います。

      返信先は、本文にも書いてある通り、届いたメールにそのまま返信すれば大丈夫です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    2014年10月〜2016年6月末までオーストラリアでワーキングホリデーを経験。外資系企業に務めながら、副業でブログやサイトを運営し、今後は地元沖縄を拠点にビジネス展開できるように計画中。 ダーツ、カメラ、写真、散歩、ブレイクダンスとやたらと多趣味の変わった人。