ロジクールワイヤレスキーボードCRAFTレビュー。メリットと使ってみた感想

あなたは自分にあったキーボードを使っていますか?

え、そもそもキーボードってどれを使っても一緒じゃん?という声が聞こえてきそうですが、キーピッチやキーストロークの違いで、タイピングのしやすさや仕事の効率が大きく変わってきます。

ブログの記事を書いたり、リサーチ用の資料を作成することが多い僕は、少しでも打ちやすく、効率がよくなるキーボードを探していました。

そして、ついに見つけたのが、ロジクールのワイヤレスキーボード CFARTです。

CFARTを購入してから、圧倒的に作業スピードが向上し、量をこなせるようになりました。

今回は、購入してから約9ヶ月か経過したので、CFARTのメリットやデメリット、実際に使ってみて感想とお得に購入する方法を紹介します。

ロジクールワイヤレスキーボードCRAFTレビュー。実際に使ってみた感想

 

数あるキーボードの中からロジクールのCRAFTを選んだ3つの理由

1つで最大3台のパソコンを操作できる

以前も紹介しましたが、これが僕の作業環境です。記事の執筆は基本的にMacbookを利用していますが、Windowsでしか動かないツールを一部利用していたり、Excelを使うことが多いので、Windowsのパソコンの併用しています。

普通なら、パソコン一台につき一キーボードですが、ロジクール CRAFTの場合、これ一台で最高3台までパソコンを操作ができる優れものなんです。

デスクのスペースも確保しやすいので、これが一番の決め手になりました。

ロジクールのマウスMX Master 2Sと相性が良い

CRAFTは、前回紹介したロジクールの高級ワイヤレスマウスMX Master 2Sとの相性がよく、両者を組み合わせるとFLOWという特別な機能が利用できます。

【レビュー】ロジクールMX Master 2Sのメリットと使ってみた感想

2018年12月27日

FLOWとは、複数のパソコンをまるで1台のパソコンを使うように利用できる新技術のことで、デュアルディスプレイのパソコンを操作するように、複数のパソコンを操作することができます。

キーストロークのが短く打ちやすい

観てくださいMacのキーボードを彷彿とさせるこのキーの薄さ。100円玉より少し厚いくらいなんです。普段はMacbookの2014シリーズを使っているため、少しだけの凹凸があり、キーストロークが短いキーボードを使い慣れている僕。

このキーボードなら、Mac使いの僕でも、違和感なく使えると思い、購入を決意しました。

実際に使ってみてロジクール CRAFTの良かったところ(メリット)

操作するパソコンの切り替えが超簡単

事前に使用するパソコンにて割り当てる必要がありますが、「insert」や「home」のボタンにある「1〜3」の数字ボタンで、操作するパソコンを簡単に切り替えられます。

僕の場合、1番にMacbookを設定し、2番にWindowsを設定しており、必要に応じて切り替えて利用しています。切り替えボタンの位置も、遠すぎず、近すぎず、適度な位置にあるので、間違って押したりすることがなく使用しやすいです♪

予想通りのキーストロークで打ちやすい

前述したように、Macbookのキーボードに慣れている僕は、できるだけストロークの短いキーボードが好みです。CRAFTのストロークはちょうど良い深さで、スムーズにタイピングができるので、タイピング速度も向上し、文章を書くのにかなり役立っています。

使い慣れたキーボードと遜色なく使えるので、疲れづらいところも気に入っています。

WindowsとMacのどちらのキー配置にも対応している

画像が見づらい場合は、クリックで拡大画像を確認できます。

WindowsとMacの両方での利用を想定されて作られているため、両者のキー配列に限りなく近い作りになっています。

よく見ると「スタート」ボタンと「alt | opt」が同じキーになっていたり、「=」と「_(アンダーバー)」のキーが同じものになっていることが確認できると思います。

前者の場合は、左側がMac用のキーで、右側がWindowsのキーを表しており、後者の場合は○の中に書かれているキーがーMac用のキーであることを表しています。

普通のキーボードに比べると、印字があまりに多いので最初は混乱してしまいますが、使っているうちにすぐに慣れます。

そもそも、キーボードにこだわり始める人であれば、タッチタイピングが当たり前で、目をつむっていてもキーがどこにあるかわかるレベルの人だと思うので、正直全然気になりません。

適度な重さでキーボードが動かない

このキーボード実はめっちゃ重いんです。その重量実に945g。約1kgですよ。笑っちゃいますよねww

これはもうキーボードじゃなくて、巨大な鉄板ですよ。

でもこの重さが逆に良くて、キーを激しく叩いてタイピングしても、微動だにしません。小型で軽量のキーボードを使ったことがある人ならわかるかもしれませんが、キーボード自体が軽いと、タイピング中に微妙に動いてタイプしにくいんですよね。

タイプしても動かないキーボードなので、まさにMacbookでタイプしている感覚に似ています。

めちゃくちゃ薄い

観てくださいこの薄さ。一番薄いところだと、鉛筆の厚さとほぼ変わらないんですよ。

高さがないぶん、個人的には手首への負担も少ないように感じています。なぜなら長時間タイピングしていても疲れないから♪

コントロールホイールが地味に便利

CRAFTには、本体の左上にコントロールホイールという特殊なホイールが搭載されています。

コントロールホイールは、回転、押す、押して回転の操作ができ、それぞれに好きな動作を割り当てることができます。

例えば、コントロールホイールの回転でデスクトップの切り替え、クリックでiTunesの音楽の再生と停止、クリックしながら回転で画面輝度の変更などです。

他にも様々な動作が割り当てられられたり、アプリケーションに応じて(特にMS OfficeやAdobeの製品)独自の機能を割り当てられるので、プロのクリエイターにもおすすめです。

ロジクールCRAFTの残念なところ(デメリット)

サイズが大きいので幅を取る

テンキー付きのフルサイズキーボードということもあり、横幅がかなりあります。そのため、デスクのスペースを逼迫してしまうことが難点です。

まぁその分入力がしやすいですし、キーボードの周りにはマウス以外何も置かない主義なので、個人的には許容範囲です。

ロジクールワイヤレスキーボードCRAFTを購入するならAmazonがお得

Amazonの画面

楽天の画面

ロジクールCRAFTを購入するならAmazonと楽天のどちらがお得か調査してみました。

2018年12月27日現在、Amazonの方が約1500円安く購入できるようなので、楽天ポイントを気にしないのであれば、Amazonでの購入をおすすめします。

僕は、ポイントが欲しくて楽天で購入したのですが、約9ヶ月で5000円くらい安くなってますね…こんなにいいキーボード簡単に値下げしちゃっていいんですか(T_T)

まとめ

  • ロジクールCFARTは、3台のパソコンを操作できるワイヤレスキーボード
  • キーストロークが短く、薄いので、Macのキーボードに慣れている人にもおすすめ

キーボードなんてパソコンに最初からついてくるものですし、ワイヤレスキーボードでも2000円〜3000円で買える時代です。そんな中こんなに高いキーボードは必要ないでしょ?という考えもあると思います。

でも、使いやすいキーボードを使うことで、タイピング速度の向上に繋がり、それが仕事の効率化につながったらどうでしょうか?また、入力しやすいと疲れづらく、手首への負担も少なくなるので、長い目で見れば、コスパが良いと考えることもできます。

これはあくまで僕の意見ですが、仕事に使うものにはとことん拘って、より効率の良い環境で生産性を高めてみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2014年10月〜2016年6月末までオーストラリアでワーキングホリデーを経験。外資系企業に務めながら、副業でブログやサイトを運営し、今後は地元沖縄を拠点にビジネス展開できるように計画中。 ダーツ、カメラ、写真、散歩、ブレイクダンスとやたらと多趣味の変わった人。