【レビュー】ロジクールMX Master 2Sのメリットと使ってみた感想

マウスなんて正直どれでもいいよね〜と思っているそこのあなた。僕も少し前までは同じ考えでした。でも、高級な多機能マウス「ロジクール MX Master 2S」を使うようになってからその考えが一変、これまで行っていた、単純なコピペ作業が楽になり、半分以下の時間でできるようになりました。

この記事では、MX Master 2Sのメリットやデメリット、実際に使ってみた感想、そしてお得に購入する方法を紹介します。MX Master 2Sは欲しいけど、さすがにこんな高いマウスには手が出せないな・・・という人でも、考えが変わると思うので、ぜひ最後まで読んでみてください。

ロジクール MX Master 2Sレビュー。実際に9ヶ月使ってみた感想


世の中には数多くのマウスが販売されていいて、基本的な機能は、マウスポインタを動かして、右クリックまたは左クリックを行う単純なもの。

どれを使っても同じ感じもしますが、マウスによって感度が良かったり、ボタンに好きな操作を割り当ててカスタマイズできるものなど様々なものがあります。

手が小さい人にとっては、大きいサイズのマウスは使いづらいなど、高ければ良いというわけではなく、自分にあったマウスを選ぶ必要があります。

そこで、僕がなぜMX Master 2Sを買うことに決めたのか最初に説明します。

様々なマウスの中からロジクールのMX Master 2Sを選んだ3つの理由

1つで最大3台のパソコンを操作できる

普段ブログを書く際は、Macbookを利用していますが、ツールを回したり、Windowsでしかできない作業を抱えているため、僕は2台のパソコンを使い分けています。

普通のマウスであれば、パソコンごとにマウスを用意する必要がありますが、MX Master 2Sであれば、最大3台まで操作が可能なため、無駄にマウスを用意する必要もなく、デスクのスペースの確保にもなります。

また、WindowsとMacの両方に対応しているため、両方をシームレスに操作できちゃうんです♪

ワイヤレス・高速充電・充電しながら使用可能

片付けが苦手な僕は、すぐにデスクの上が散らかりがち。コード類が散乱することもよくあるので、ワイヤレスのものを利用すれば、デスクが汚れにくのではないかと考えました。

ただ、ワイヤレスマウスの問題点としてあげられるのは電池切れがあること。使っている途中で充電がきれたらただの文鎮になってしまいます。

その点、MX Master 2Sは、ご覧のとおり充電コードを接続しながらでも操作が可能。ピンチのときはワイヤードマウスとなり、不自由なく利用できます。

複数のボタンに任意の操作を割り当てられるカスタマイズ性

運営しているサイトのデータ収集やデータの加工で、頻繁にコピペを繰り返す作業を行う僕。キーボードとマウスを駆使すればどうにかなる作業ですが、毎月のように同じことを繰り返していると、作業にも飽きてしまい、もっと簡単にできる方法はないかと考えるようになりました。

それを解決するのが、余分についた6つのボタンです。これらにそれぞれ、コピーやペースト、Excelのスクロールダウン(データの一番下へ移動)する操作を割り当てることで、キーボードとマウスの両手を使ってやっていた作業の単純化ができることに気が付きました。

購入し、使い始めてから約9ヶ月が経過したので、実際に使って、これまでに感じたMX Master 2Sのメリットとデメリットを紹介します

実際に使ってみてロジクールのMX Master 2Sの良かったところ(メリット)

ワンタッチで、操作するパソコンを切り替えられる

事前に登録しておく必要はありますが、マウス本体の背面にあるボタンを押すだけで、操作するパソコンを簡単に切り替えられます。

普通のワイヤードマウスだあれば、USBケーブルを抜き差しする必要がありますし、ワイヤレスマウスでも、Bluetooth受信機を差し替える必要があるため、とても便利です。

つるつるした机やものの上でも利用できるトラッキング感度の良さ

やすいマウスって表面がつるつるしたデスクだとちゃんと動いてくれませんよね?でも、MX Master 2Sは、レーザーマウスなので、表面がつるつるしていようが、透明なガラスの上であろうが問題なく利用できます。

マウスパッドを使えばいいじゃん?っていう意見もあるかもしれませんが、マウスを使う場所に、毎回マウスパッドを持っていくのも面倒なので、助かります。

バッテリーの持ちが最高に良い【最大560時間】

MX Master 2Sは、フル充電した場合、1日8時間の使用で70日以上使用できると言われています。実に、560時間以上ですよ。これやばくないですか?

あまりにバッテリーが長持ちなため、充電が必要なマウスだということを忘れてしまうレベルです。ただ、充電ケーブルの接続口がマウス前方にあるため、充電しながらの使用することができ、万が一充電切れの場合でも慌てる必要がありません。

僕の記憶がたしかなら、買ってからまだ3回くらいしか充電した記憶がありません。しかも、電源の切り忘れで、そのまま放置することが多い環境でこのレベルです。

無限スクロールが地味に便利

この動画の3分49秒あたりから再生してみてください。無限スクロールがどういったものなのか説明されています。

最近のウェブサイトは、縦長の物が多く、何回もスクロールするのが面倒な人には、嬉しい機能。特に、リサーチなどでたくさんのウェブページを閲覧する人にとっては、重宝しますよ。

手にフィットする適度な大きさ

僕の手のサイズは、男性の平均的なものだと思いますが、MX Master 2Sは、程よくフィットするサイズです。マウスを掴んでいると言うよりは、上においている感覚で、手が疲れないところが気に入っています。

ただし、手の小さい女性からすると少し大きすぎるかもしれません。

ボタンが多すぎない

多ボタンマウスの中には、こちらの製品のように11個のボタンを搭載しているものがありますが、これだと多すぎてどこにどの操作を割り当てたかわからなくなってしまい、逆にご操作を招いてしまいます。

その反面、MX Master 2Sは、適度なボタンの数なので、覚えやすく、操作性が良いところが気に入っています。

ワイヤレスキーボードCRAFTと組み合わせれば更に利便性がアップ

ロジクールの高級ワイヤレスキーボードCRAFTと組み合わせれば、Flowという機能を使いこなすことができ、その利便性がさらに向上します。

詳しくは、後日別の記事にします。

実際に使ってみてロジクールのMX Master 2Sの気に入らないところ(デメリット)

持ち運ぶには大きすぎる

高機能で、使いやすく、かなり気に入っているMX Master 2Sですが、あえて悪い点をあげるとしたら、大きすぎるということでしょうか。

カバンに入れると、それだけで結構なスペースを使ってしまうため、持ち運ぶには適していません。外で作業したい場合は、別途小さなマウスを用意するか、ノートパソコンのタッチパッドを利用したほうが良いでしょう。

ただ、MX Master 2Sの利用を考えている人の殆どは、複数のパソコンを操作しようと感がていると思います。外ではそういう環境はなかなか構築できないため、自宅で利用する専用のマウスと思えば、特に気にならないでしょう。

ロジクール MX Master 2Sをお得に購入するならAmazon

MX Master 2Sを購入するならAmazon楽天でどちらのほうが安いか調査してみました。2018年12月27日時点だと、Amazonの方が1000円近く安くお得に購入できるようです。

 

ちなみに僕は、楽天で購入したんですが、たった9ヶ月でこんなにも安くなっているんですね・・・(TOT)

なっち
こんな短期間で約3500円の差って・・・

もう少し待てばよかったかな・・・と後悔していたりいなかったり・・・

まとめ

  • MX Master 2Sは、同時に複数のパソコンを操作できて、高速充電ができるワイヤレスマウス
  • ガラスのようなつるつるで透明な場所でも利用できる
  • 大きいため持ち運ぼには適さない
  • 安く購入したいならAmazonで購入すべし

僕が購入したときは、1万円を超える超高級マウスだったMX Master 2Sですが、ココ数ヶ月で大幅に値下がりし、以前より手の出しやすい価格になっています。

といっても、マウスなんてどれを使っても一緒でしょと思っている人にとっては、まだまだ高いかもしれませんが・・・

ただし、前述したように、MX Master 2Sには、様々なメリットがあり、作業を効率化して時短することが可能です。

安くて貧弱なマウスを使って時間を無駄にするか、少し高めのマウスを使って時間を節約するか、それはあなたの考え次第です。よく考えてみてください。

それではまた〜\(^o^)/

おすすめの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2014年10月〜2016年6月末までオーストラリアでワーキングホリデーを経験。外資系企業に務めながら、副業でブログやサイトを運営し、今後は地元沖縄を拠点にビジネス展開できるように計画中。 ダーツ、カメラ、写真、散歩、ブレイクダンスとやたらと多趣味の変わった人。