パスポートの携帯は危険!NSWの顔写真付きID(Photo Card)を取得しよう!

はじめに

急激な猛暑によりまもなく干からびそうです。

どうも、なっちです。

ってか最高気温42度で最低気温は18度ってどういうことですか…(;・∀・)?

シドニーは昼夜の寒暖差で体調を悪くしやすい時期に突入!

皆様くれぐれも風邪には注意しましょう。

 

さてそんな私なっちですが、

ついにNSWのPhoto Cardを手に入れました!!!!

1年近くシドニーにいるのに今更ですww

 

ということで今回は、

NSWのPhoto Cardの利便性や申請&取得方法について説明します。

NSW Photo Cardとは

NSW Photo Cardとは、顔写真付きの身分証明書のこと。

オーストラリア(NSW)の運転免許証などの身分証明書を持っていない人が、

身分を証明するためのカードです。

顔写真の他に、住所、氏名、生年月日が記載されています。

ちなみに、NSWの運転免許証とNSW Photo Cardを2つ所持することはできないようです。

NSW Photo Cardを取得するメリット

1.身分証明のためにパスポートの持ち歩かなくていい

海外で生活する上でパスポートは最も大事なもので、身分証明で最も効力があるものです。

万が一紛失してしまうと身分証明ができなくなり出国すらままなりません。

しかも再発行にも時間がかかるため紛失には十分注意が必要です。

しかしオーストラリアでは、お酒を買ったり、

Barに行ったりする際は身分証明が必須のためパスポートを携帯しなくてはなりません。

お酒を飲むとパスポートの紛失確率もあがりますよね?

だからパスポートではなく、NSW Photo Cardを身分証明として利用することをおススメします。

2.旅の思い出に…

言うまでもありませんが、NSW Photo CardはオーストラリアのNSWでしか取得できません。

日本へ帰国して数年後、このカードを見返して、

「あ、私ここに住んでたんだ…」

という思い出に浸れること間違いなし!(笑)

NSW Photo Cardを取得するデメリット

1.取得にはお金がかかる

NSW Photo Cardの取得には上記表のような料金がかかります。

決して安くはないので、

Barなどに頻繁に行かない人や数週間だけしか滞在しない場合は取得しなくてもいいでしょう。

2.NSWでしか使えない

名前のとおりNSW Photo Cardはニューサウスウェールズ州で身分証明をするためのものです。

そのためクイーンズランド州ではQLDのPhoto Cardを取得する必要があります。

ただし、

韓国人の友達は韓国の運転免許証を身分証として提示してOKをもらっていたことがありました。

なぜなら韓国の運転免許証には英語の表記があるので英語圏でも効力があったということです。

ただし日本の運転免許証には英語の表記がないのでIDとして提示しても効果がありません。

この例からすると、生年月日を理解してもらえればBarなどには入れるようなので、

QLDのPhoto CardをNSWで提示しても大丈夫かも知れません。

あくまで予想なので信ぴょう性はありませんが…(;・∀・)

NSW Photo Cardの取得方法

1.NSW Photo Cardはどこで申請するの?

NSW Photo CardはNSWのサービスセンターで申請して取得できます。

お近くのNSWサービスセンターは以下のサイトで確認できます。

Service Centre Locator

使い方は簡単3ステップ!

1.「Service NSW」を選択

2.郵便番号を入力

3.「Search」をクリックするとお近くのサービスセンターが表示されます。

Service_Centre_Locator

ちなみに僕は、セントラル駅近くのHeymarket Service Centerで申請しました。

2.NSW Photo Card申請に必要なもの

  1. パスポート
  2. 現住所が確認できる公的書類(Bank statement、銀行口座利用証明)
  3. NSW Photo Card Application(登録申請フォーム)
    上記のリンクからダウンロードするか、直接サービスセンターに行くと入手できます。

3.NSW Photo Cardの申請方法

  1. 登録申請フォームに必要事項を記入
  2. 顔写真撮影
  3. NSW Photo Cardの申請料金の支払い

 

登録申請フォームの記入方法

1.氏名、住所、郵便番号、メールアドレス、携帯電話番号、生年月日を記入し、
各自質問に答える。

nsw-photo-card-application1

2.新規取得(5年、10年)または再申請などの情報とサインを記入
項目7は保証人情報なのでホームステイの場合はホストの名前を書いたり、
そういう人がいない場合は友達どうしで名前を書きましょう。

nsw-photo-card-application2

3.3ページ目は代理申請などの必要がない場合は記入の必要はありません。
登録申請フォームの記入が終わったら窓口に提出しましょう。
そこで顔写真の撮影と申請料金の支払いをすれば申請は完了です。
窓口での手続きは10分以内で終わるので簡単ですよ♪
申請後5〜10日営業日でNSW Photo Cardが郵送されてきます。

NSW Photo Card 申請時の注意点

保証人の記入欄があるので、自分一人だけでは申請できないようです。

ただ確認したわけではないので記入しなくてもできるかもしれません。

僕の場合は友達と一緒に申請しに行ったので、

お互いの名前を書き合って申請しました。

終わりに

nswphotocard

これが実際のNSW Photo Cardになります。

念のためモザイク加工をしまくったら何だか犯罪者みたいになりました(笑)

複製が不可能なように特殊な加工がふんだんにされているのでかっこいいですよ♪

日本に帰った際に友達に見せて自慢しちゃいましょう〜!

 

シドニーに住んでいるなら、PhotoCardの他に、もう一つ手に入れたいとあるアイテムがあります。

詳しくはこちらの記事を御覧ください。

シドニーで一番便利な乗り物って何だかわかりますか?

2015.09.13

おすすめの記事

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2014年10月〜2016年6月末までオーストラリアでワーキングホリデーを経験。外資系企業に務めながら、副業でブログやサイトを運営し、今後は地元沖縄を拠点にビジネス展開できるように計画中。 ダーツ、カメラ、写真、散歩、ブレイクダンスとやたらと多趣味の変わった人。