AndroidからiPhoneへ乗り換える予定ならデータ移行が簡単なAnyTrans6を使ったらいいと思う【PR】

はじめに

ハイサイ、グスーヨーチューウガナビラ。どうも、なっち(@bboy_nacchi)です。

沖縄に戻り、仕事を始め、約1年が経過し、身も心もすっかり沖縄人です。東京で覚えた標準語も忘れかけております(笑)

なっち
ちなみに最初に一文は、「こんにちは皆様、ご機嫌いかがですか。」という意味です。

前置きはここまでにして、早速本題へ。

去った9月12日、ついにiPhoneの新機種3種類が発表されましたね!発売前から様々な噂やリーク情報情報が飛び交い、大賑わいでしたが、あなたもそんな中のひとりではないでしょうか?

各種のスペックに関しては、多くのメディアが取り上げているので、ここでは価格だけに注目してみます。

容量 iPhoneX iPhone8 Plus iPhone8
64GB 112,800円 89,800円 78,800円
256GB 129,800円 106,800円 95,800円
なっち
iPhoneXめっちゃ気になる!ただ、112,800円〜って超高いね…パソコン余裕で買えるで…使えなくなるまでまだ5sでいいわ…

とは言え、今使っている携帯が古くなり、直ぐに買い替えを考えている人もいるでしょうし、新機能のワイヤレス充電が魅力的なので、AndroidからiPhoneに乗り換えようという人もいるのでは?

そう!この記事で僕が話したいのは、現在Androidのスマフォを使っているけど、今回iPhoneデビューを考えているそんなあなたへのメッセージ!

実は、以前紹介したiOSデバイス用データ管理ソフトのAnyTransがリニューアルして、AndroidからiPhoneへのデータ移行に対応しました。

AnyTransについて、まずはこちらの記事を御覧ください。

iPhoneを機種変したので、データ移行に便利そうなAnyTransを使ってみた【PR】

2017.03.17

AnyTransの基本的な機能を理解していただけたところで、今回は新たに追加された機能について紹介します。

AndroidからiPhoneへ乗り換える予定ならデータ移行が簡単なAnyTrans6を使ったらいいと思う

Anytrans6

リニューアル版のAnyTransは、その名もAnyTrans6。以前と同様、WindowsとMacの両方に対応、有料ソフトですが、トライアル版を無料で利用できるので、購入前に使い勝手を確認できます。

>【ダウンロードはこちら】

AnyTrans6の新機能

Android→iPhoneへのデータ移行機能

Anytrans transfer

AnyTrans6なら、AndroidからiPhoneへのデータ移行を簡単3ステップで完了!

AndroidとiPhoneを、それぞれUSBケーブルで接続し、転送したいデータを選択するだけなので、パソコンの操作が苦手な人でも簡単にできます。

通常、AndroidからiPhoneへのデータの引っ越しは、「iOSに移行」アプリを使って行いますが、Wi-Fi(無線)接続でのデータ移行になるので、データ量が多い場合、時間がかかってしまいます。

それに対し、AnyTrans6は、有線接続でデータ移行を行うので、より短い時間で引っ越しが完了します。

最近のスマフォは、大容量の物が多いので、スマホ内に大量のデータを保存している場合は、有線接続でのデータ移行をおすすめします。

「AnyTrans6」と「iOSに移行」の機能比較
移行データ AnyTrans iOSに移行
メッセージ 添付ファイル付きで、チャット形式で一括か個別に転送 添付ファイルなし、テキスト形式で一括転送
通話履歴 一括または、個別に転送 ×
写真&ビデオ 一括または、個別に転送(アルバムも可) 一括転送のみ
連絡先 詳細付きで、一括または、個別に転送 一括転送のみ
音楽 一括または、個別に転送。再生できる形式に自動変換 ×
ダウンロード&インポートしたビデオ 転送可能 ×
着信音 編集&対応形式へ自動変換 ×
Books (PDFs & EPUBs) 個別転送可 ×
カレンダー 一括または、個別に転送 一括転送
ファイル (圧縮ファイル) 個別転送可 ×
ドキュメント 個別転送可 ×

データの移行手順は、以下の記事を御覧ください。
>AndroidからiPhoneに機種変更する時にデータを移行する方法

その他におすすめしたいAnyTransの無料機能

動画・音声ダウンロード機能

Anytrans download

YoutubeやDailymotionをはじめとした、900以上の動画サイトから動画や音楽をダウンロードする機能を備えており、ページのURLをコピーするだけで簡単にダウンロードできます。詳しい使い方は、以下の記事を御覧ください。

>AnyTransの使い方・動画ダウンロード

iCloud管理機能

Anytrans icloud

AnyTrans6ならiCoudのデータに直接アクセスが可能です。

通常は、ウェブブラウザからiCloudにアクセスしないと、どのようなデータが保存されているかわかりませんが、この機能を利用すると、AnyTransにiCloudのデータが表示されるので、いちいちブラウザを開かずデータ管理ができます。

魅力的なのは、データのエクスポート機能です。写真や動画をiCloud上にアップデートしていると、直ぐに容量がいっぱいになってしまいがちですが、エクスポート機能でiCloud上のデータをパソコンにバックアップすることで、iCloudのデータを削除し、空き容量を確保できます。

iPhoneとパソコンを直接接続して、データをバックアップするのが確実ですが、頻繁にデータを転送するのは面倒だと言う人は少なくありません。そんな人は、この機能を利用して、iCloud上のデータがいっぱいになった段階で、データの整理を行えばいいでしょう。

まとめ

  • AnyTrans6に、AndroidからiOSへデータを引っ越しする新機能が搭載された
  • AnyTrans6の無料版では、Android→iOS引っ越し機能動画・音楽ダウンロード機能iCloud管理機能を無料で利用できる

技術の進歩に伴い、高画質、高音質の動画や音楽、写真を簡単に扱えるようになりましたが、それに伴い、データ容量が肥大化し、機種変更する際のデータ移行作業時間も同時に肥大化してしまっています。

ドコモなどの大手携帯キャリアショップでも、店員に頼めず、ユーザ自信がデータ移行を行わないと行けない昨今。時間があればまだしも、手続きに時間がかかりすぎて、データ移行の時間を確保できないということもありうるでしょう。

そんなときに、AnyTransを利用すれば、自宅のパソコンを利用して、簡単にデータ移行を行えます。ちょうど、最新版のiPhoneの発売が控えているので、AndroidからiPhone8やXへの引っ越しをする際は、こちらの記事を参考に、AnyTransを利用してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2014年10月〜2016年6月末までオーストラリアでワーキングホリデーを経験。 今後は地元沖縄を拠点にビジネス展開できるように計画中。 パワームーブとスキル大好きなパワーヘッダー偽B-boy。 ダーツ、カメラ、写真、散歩、ブレイクダンスとやたらと多趣味の変人。