【レビュー】DearMob iPhoneマネージャーなら音楽や動画のバックアップがめちゃくちゃ楽!

これまでにiPhoneを3台。iPad2台。Macbookを2台使い、順調にApple信者になりつつあります。どうも、なっち(@bboy_nacchi)です。

通算すると、かれこれ10年近くApple製品を使っているのですが、長く使っていると面倒なのがデータの管理です。

iPhoneの保存容量の拡大とともに、カメラの性能があがり、写真や動画が肥大になったり、集めてきた大量の音楽で保存容量を圧迫しています。

定期的にバックアップしないと、データ消えてしまったときにやばい・・・と思いつつも、いちいちMacbookにiPhoneをつないで、iTunesのクソ長い同期に時間を取られるのが億劫で、年に1,2回ほどしかバックアップをとっていません。

丸ごとバックアップをとるのは面倒。何かピンポイントで必要なファイルだけ抜き出す方法はないかな…と模索していたところ、DearMob iPhoneマネージャーというソフトを発見。



シンプルで、割と簡単に必要なデータだけを抜き出して、他のiPhoneやiPadに移すことができたので、DearMob iPhoneマネージャーを使ってできることや、実際に使ってみた感想を紹介します。

DearMob iPhoneマネージャーでできること【PR】

  • iPhone/iPadのバックアップ&復元
  • 写真、音楽、動画、アプリの管理
  • 連絡先、Podcast、電子書籍、ブックマーク、ボイスメモの管理
  • ファイルの暗号化
  • USBメモリー機能(iPhone/iPadを外部ストレージとして使用可能)

DearMob iPhoneマネージャーでできることをざっと上げてみました。ご覧の通り、iTunesとほぼ同じ機能が備わっています。

iPhoneマネージャーという名前がついてますが、iPadでも利用可能です。つまり、iOS端末のバックアップや復元、データの管理を行うiTunesの代替ソフトだと思ってください。

DearMob iPhoneマネージャーのおすすめのポイント

ミスターX
iTunesとほぼ同じなら、iTunesでいいのでは?

という意見も聞こえてきそうですが、ここでは、個人的に便利だなと思った、DearMob iPhoneマネージャーのおすすめ機能を紹介します。

音楽データを直接抜き出せる

iPhoneって、一度本体に取り込んだデータは、基本的にiTunesがないと操作できません。また、iTunes上に同じがデータがない場合は、iPhoneに保存してある音楽も消えてしまいます。

データを同期しているため仕方がないことなのですが、それを知らなくて「データ消えた!助けて!(´;ω;`)」という話をよく耳にします。

iTunesで同期した場合

例えば、古いパソコンとiPhoneを同期すると、パソコンとiPhoneの両方に音楽データが保存されます。

でも、万が一パソコンが壊れた場合、同期ができなくなりますよね。

ミスターX
iPhoneにデータが残っているんだから、新しいパソコンを用意して、同期すればいいじゃないか!

と思うかもしれませんが、これを実際に行うと…

新しいパソコンには音楽データがないため、iPhone上のデータも消えてなくてってしまいます。

つまり、iPhoneに保存してあったデータを消したくない場合、二度と同期してはいけないことになります…

パソコンのiTunesのバックアップを取っている場合は、データが残っているので問題同期できます。ただし、これをやっている人は少ないのではないでしょうか。
ミスターX
え、じゃあiPhoneのバックアップが取れないから、水没させたりしたら、写真や動画とかもサヨウナラってことだよね…超困るんですけど…

そんなときに使えるのが、DearMob iPhoneマネージャーです。

なぜなら、DearMob iPhoneマネージャーなら、iPhoneからデータを取り出せるから。

DearMob iPhoneマネージャーの場合

DearMob iPhoneマネージャーは、必要なデータを選択して、iPhoneから取り出す機能を備えています。そのため、万が一パソコンが壊れてしまった場合でも、これまで集めてきた音楽データ、写真や動画などの思い出を失わなくてすみます。

なっち
どうですかこれ?めっちゃ便利だと思いませんか♪

iPhoneを外部ストレージとして利用できる

容量の大きいiPhoneをUSBメモリのように使えたら便利だよね…

と思ったことはありませんか?スマホはいつでも携帯しているものだし、急にデータの保存が必要な場合、これができると助かりますよね。

DearMob iPhoneマネージャーにはそのUSBメモリ機能も備えています。

ソフトを開き、USBメモリー機能を選択し、必要なファイルをドラッグするだけ。これだけでiPhoneをUSBメモリのように外部ストレージとして利用できます。

問題点としては、別のパソコンでそのデータを取り出した場合、そのパソコンにもDearMob iPhoneマネージャーがインストールされている必要があるということでしょう。

つまり、他人とのデータのやり取りには適していないけど、自分のデータを持ち出して使う分には重宝する言っていいでしょう。

DearMob iPhoneマネージャーを実際に使ってみた感想&まとめ

  • DearMob iPhoneマネージャーは、iPhoneのバックアップや復元、データの管理ができるiTunesの代替ソフト
  • iPhone上の必要なデータ(音楽データも)だけを取り出すことができる

音楽や写真、動画の管理、iPhoneのフルバックアップと復元はiTunesでできるので、それだけを目的にしている場合は、正直必要ないかなと思います。

でも、上記で紹介した「必要なデータだけをiPhoneから取り出す機能」はとても便利だと感じました。

実際に、以前使用していたiPhone5sに入っていた、ダンスの練習用動画を取出して、iPhone8とiPad Proへ簡単にコピーできました。

なっち
半年くらい前からやろうと思っていたことでしたが、iTunesを開いて同期するのが面倒でずっと着手できずにいたので助かりました( ´ ▽ ` )

僕は、万が一に備えてパソコンのデータをバックアップを定期的に行っていますが、世の中のほとんどの人はそうでないのではないでしょうか。

そういった場合でも、データを救出できる救世主としてDearMob iPhoneマネージャー は使えるソフトではないかと思います。

おすすめの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2014年10月〜2016年6月末までオーストラリアでワーキングホリデーを経験。外資系企業に務めながら、副業でブログやサイトを運営し、今後は地元沖縄を拠点にビジネス展開できるように計画中。 ダーツ、カメラ、写真、散歩、ブレイクダンスとやたらと多趣味の変わった人。