【23区限定】アーロンチェアを定価の36%OFFでゲットする方法

休みの日は、家のいたるところで作業をしています。どうも、なっち(@bboy_nacchi)です。

フリーランスの皆さん、自宅で作業をするときどんな椅子をつかっていますか?

  • 普通のオフィスチェア
  • 食卓のイス
  • ソファー

など人によって異なると思いますが、僕は上記全ての場所で仕事をしています(笑)

;

なっち
場所を変えると気分転換になって、集中しやすいんですよね♪

ただ、可能であれば、快適な椅子で仕事に集中したいという人は多いのではないでしょうか。

快適なイス=高級

高級なイスと言えば・・・そう「アーロンチェア」です。

定価約20万円もする超高級チェアですが、自宅で作業する時間の長いフリーランスやYoutuberに人気を集めています。

なっち
トップYoutuberのHikakinさんも腰痛防止のために購入しています♪

そんな高級なアーロンチェアですが、ある程度稼げるようになったら、いつかは購入したいと思っている人も多いと思います。

そんなあなたに朗報。アーロンチェアを定価の約36%OFFでゲットする方法を発見したので紹介します。

Kaggレンタルでアーロンチェアが約36%OFFで入手できる

Kaggレンタルとは、オフィス家具通販のKagg.jpが始めた新たなサービスで、対象の2万種類以上の家具を好きな個数、好きな期間だけレンタルできる画期的なサービスです。

Kaggレンタルの特徴は以下のとおりです。

  • 初期費用が抑えられる
  • 必要な数だけ借りられる
  • 2年利用すると無料でもらえる
  • 個人でも利用できる
  • サービスエリアは東京23区限定

そのKaggレンタルでアーロンチェアがrentalできるのですが、月額費用が4,990円(税抜き)なんです!

しかも、2年間継続して利用した場合、商品はそのまま無料で譲り受けられるとのこと!。

5,389円 ✕ 24ヶ月 = 129,336円(税抜)

201,960円(定価)- 129,336円 = 72,624円(36%OFF)

つまり、2年間利用すれば、約36%OFFでアーロンチェアがゲットできるんです!

クレジットカードで分割払いをした場合、料金は定価なうえに、分割金利手数料がかかるので、定価より割高になります。

それなのに、Kaggレンタルでアーロンチェアをレンタルした場合は、分割金利手数料は必要ない上に36%OFF。これってめちゃくちゃお得ですよね!?

Amazonや楽天よりも安くアーロンチェアがゲットできる

試しに、Amazonと楽天でも料金を調べてみました。

Amazonでの価格

楽天の価格

どちらもポイントはつくものの、定価でしか販売していない様子。つまり一括払いで購入するよっぽどな理由がない限り、Kaggレンタルを利用したほうがお得だということですね。

ただし、Kaggレンタルの対象エリアは、東京23区内限定です。(2019年3月現在)

それ以外の地域の人は、残念ながら利用できません・・・(;´Д`)

アーロンチェアを今すぐレンタル

Kaggレンタルのメリット

アーロンチェアがお得に借りれるKaggレンタルですが、良い点と悪い点もあります。まずKaggレンタルのメリットについて紹介します。

初期費用が必要ない

Kaggレンタルに必要なものは、月額料金だけです。サービス対象エリアであれば送料無料なので、初期費用がかかりません。

月額990円(税抜き)〜レンタル可能なので、購入するより圧倒的に初期費用を安く抑えることができます。

最低利用期間がない

レンタルサービスといえば、最低利用期間があることが多いですが、Kaggレンタルには、最低利用期間はありません。1ヶ月単位でレンタルできるので、2年縛りなど、契約に縛られたくない人でも利用しやすいサービスです。

ただし、料金の日割り計算はできないので、1日の利用でも30日の利用でも、1ヶ月分の料金を支払う必要があります。

必要な数だけレンタルできる

オフィス家具レンタルといえば、「大量にレンタルしないといけない」というイメージがあるかもしれませんが、Kaggレンタルは、1脚単位でのレンタルが可能です。

法人でない限り、何10脚もイスが必要なことはないので、個人でも利用しやすいサービスです。

2年間の利用で無料でもらえる

Kaggレンタルでは、2年間継続してレンタルした場合、商品を無料で譲り受けることができます。かなり粗末に扱わない限り、2年で家具が痛むことはあまりないと思います。

そんなときに、2年以降は無料でその家具を使えるってめちゃくちゃ良くないですか?

Kaggレンタルのデメリット

多くのメリットがあるKaggレンタルですが、残念な点も存在します。ここでは、Kaggレンタルのデメリットについて紹介します。

サービスエリアは東京23区限定

Kaggレンタルの最大のデメリット、それがサービス対象エリアが東京23区限定ということです。

対象エリアは順次拡大予定とのことですが、今のところ23区以外の人は、アーロンチェアをお得に入手することができません・・・

全ての商品がお得にレンタルできるわけではない

アーロンチェアが36%OFFということは、もしかして他の商品も激安!?

と思うかもしれませんが、残念ながらそうではありません。

2年間のレンタルで割安になる商品もありますが、割高になる商品もあります。

例えばこちらのイス。

定価3,672円、販売価格2106円の商品ですが、月額レンタル費用は990円です。

990円 ✕ 24ヶ月 = 23,760円

3,672円(定価)ー 23,760円 = -20,088円

3ヶ月までのレンタルの場合はお得ですが、2年間利用して譲り受けた場合、圧倒的に赤字です。

イベントで、数日〜数週間、たくさんのイスが必要になった場合はレンタルのメリットがありますが、長期間のレンタルではデメリットしかありません。

まとめ

  • Kaggレンタルなら高級イス「アーロンチェア」が36%OFFでゲットできる
  • Kaggレンタルのサービスエリア、今のところ東京23区だけ

僕は、引っ越しを気にエルゴヒューマンプロを思い切って購入しました。

現状何も不満はありませんが、次引っ越しするときは、思い切ってアーロンチェアが欲しい!その頃には、Kaggレンタルの提供エリアも、東京23区内だけでなく、沖縄まで拡大してくれないかな〜と密かに妄想しています。

それではまた( ´ ▽ ` )ノ

おすすめの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2014年10月〜2016年6月末までオーストラリアでワーキングホリデーを経験。 今後は地元沖縄を拠点にビジネス展開できるように計画中。 パワームーブとスキル大好きなパワーヘッダー偽B-boy。 ダーツ、カメラ、写真、散歩、ブレイクダンスとやたらと多趣味の変人。