WordPressプラグインPost Snippetsで、変数を使った囲み型ショートコードを作る方法

はじめに

最近、文筆欲が再発しております。どうも、なっち(@bboy_nacchi)です。

なっち
戦略を十分に練る

とか

なっち
インプットしまくって、知識をみにつける

などと偉そうなことを言って記事を書かなかったら、執筆速度が落ち、トラフィックも落ち散々な目に・・・

サイト運営や、フリーランスでお手伝いをしているので、別に遊んでいたわけではないんですけどね。

ミスターX
アウトプットが正義。考えるよりも手を動かせ。記事を書くんだ。

ということで、別サイトもこのブログも少しずつ更新していきます。

WordPressプラグインPost Snippetsで、変数を使った囲み型ショートコードを作る方法

Free-Photos / Pixabay

フリーランスの仕事でWordpressのPost Snippetsをよく使っているのですが、ちょっと便利な使い方ができることを発見したので、その備忘録として共有します。

WordPressのショートコードの種類

WordPressのショートコードには、2つの種類があります。

通常のショートコード

1つ目が、このように1つの「」で完結するものです。

このショートコードの利点としては、変数を複数設定し、それぞれの変数に引数を与えられることだと僕は思います。

ただし、変数が一つしかない場合って、こういう風に書くのいちいち面倒じゃないですか?

なっち
これが面倒だと思うのは、もしかしたら僕だけかも知れませんが・・・(ー_ー;)

囲み型ショートコード

2つ目が、このように2つの[]で引数を囲みこむものです。

この方法だと変数を複数設定できませんが、見た目がシンプルで、何が引数になっているかわかりやすいですよね。(僕がやり方を知らないだけかも知れませんが・・・)

 

Post Snippetsの使い方を紹介しているブログは多いのですが、後者のショートコードの作り方を紹介している記事が殆どありませんでした。

試行錯誤すること10分程度で、やり方がわかったので、必要な方のために紹介しますね。

変数を使った囲み型ショートコードの鍵は「{content}」

こちらのショートコードの、「ここに任意の文字」の値を引数で取得するには、{content}を使います。

これだけでは分かりづらいと思うので、実際のショートコードの設定画面を見てみましょう。

上記のショートコードを使って、テキストが違うリンクを作ってみた

2つとも同じショートコードを使っていますが、ショートコードに挟まれた変数で別のテキストを指定しています。

ミスターX
すごい!っては思うけど、実際にこれって何が便利なの?

コレを発展させると、このようなショートコードが実現できます。

 

別のサイトへ遷移するよ♪

簡易的なカエレバみたいなショートコードですね。

これは、別にYahooや楽天のサイトである必要はないので、改良を加えれば、自分だけの簡易個別リンク作成ツールができます。

ただし、多少のhtmlとPHPの知識が必要ですが・・・

まとめ

  • Post Snippetsで変数を使った囲み型ショートコードを造る鍵は、{content}
  • 改良すれば、自分専用の個別リンク作成ツールが作れる

Post Snippetsは、htmlだけじゃなく、PHPの記述も可能なので、応用次第で複座うな処理を伴うショートコードを作成可能です。

まだまだ勉强が足りないですが、さらに発展させた便利なショートコードを作れるようになって、今後の仕事に行かせたらな良いなと思います。

それぞれ好みはあるかもしれませんが、囲み型ショートコードは、読みやすく、一度作ってしまえば間違い起きにくいと思います。

興味がある人は、自分だけ囲み型ショートコードを作ってみてください。

おすすめの記事

 

関連記事

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    2014年10月〜2016年6月末までオーストラリアでワーキングホリデーを経験。外資系企業に務めながら、副業でブログやサイトを運営し、今後は地元沖縄を拠点にビジネス展開できるように計画中。 ダーツ、カメラ、写真、散歩、ブレイクダンスとやたらと多趣味の変わった人。