台風で停電になったときにやりたいおすすめの暇つぶし&遊び10選

はじめに

チャーミーさん(台風24合)にこっぴどくやられました。どうも、なっち(@bboy_nacchi)です。

暴風と豪雨にはびくともしなかった僕が住んでいる新築アパート。でも、停電には勝てませんでした。

結果から言うと、約4日間の停電と3日間の断水を経験し、台風の恐ろしさを実感下次第です。

 

日本を縦断した台風なので、同時期に停電の大変さを実感した人も多いのではないでしょうか。

そして、こう思ったはず。

え、停電って超暇なんですけど…(;´Д`)死ぬ

ってなわけで、暇すぎて孤独死しそうだった僕が、コレさえあれば停電も乗り切れそうだと思うおすすめの暇つぶしを紹介します。

台風で停電になったときにやりたいおすすめの暇つぶし&遊び10選

Comfreak / Pixabay

ジグソーパズル

電気を使わずに長い時間楽しめる遊びの代名詞といえばパズル!1000〜2000ピースのパズルなら、軽く1日以上は時間が潰せます。

日中であれば普段どおりピースを埋めていくこともできるでしょうが、夜になり暗くなると、手元の明かりだけを頼りにパズルを勧めていくことになります。

難易度はかなりあがりますが、より時間を潰せる上に、完成させた時の達成感は計り知れないでしょう。また、例え一人暮らしであったとしてできるのがメリットです。

なっち
ちなみにコレは、僕のマネージャーが実際に停電時にやっていたことですw

ボードゲーム

二人以上いることが必須条件ですが、ボードゲームも電気を使わずに楽しめるおすすめの遊びの一つです。

将棋やチェス、オセロのようなクラシックなものから、モノポリー人生ゲームのような近代的なボードゲームは、時間を忘れて大人でも楽しめます。

また、何度も繰り返し遊べるので、時間を潰すのに最適ですよね。

トランプ

子供可なら大人まで一緒に遊べる典型的なトランプも暇つぶしにおすすめです。

ババ抜きや大富豪など複数人で遊べるものから、ソリティアやフリーセルなど、一人で遊べるトランプゲームもあるので、どんな環境にでも対応できます

トランプで遊べるゲームはたくさんあるので、たとえ飽きてしまった場合でも、他のゲームをはじめられ、より長い時間暇を潰せますよ。

読書

日中の明るい時間帯であれば、読書もおすすめの暇つぶしの一つです。

漫画を読んでもいいですし、自己啓発本などを読んで意欲を高めてみてもいいでしょう。停電がきっかけで読み始めた読書が、新しいアイディアを生み出すチャンスにもなるかもしれません。

電気が使えないときだからこそ、普段あまりやらない読書をしてみてはいかがでしょうか。

ゲーム

Nintendo Switchニンテンドー3DSも充電さえ持てば、最適な暇つぶしの方法の一つです。

自由にプレイしたいソフトを選べる上に、クリアするのに最低でも数時間〜数十時間が必要なソフトがほとんどなので、十分な暇つぶしになります。

ここであえてスマホを上げていないのは、スマホはライフラインだからです。緊急時の電話連絡や、情報収集はスマホが最適です。ただし、暇つぶしのために使いすぎて充電切れになってしまっては元も子もありません。

そのため、暇つぶしにゲームをする場合は、携帯ゲーム機やタブレットでプレイすることをおすすめします。

最近では、携帯ゲーム機を充電できるモバイルバッテリーも多いので、停電対策として一つ購入しておくと良いでしょう。

映画やドラマ鑑賞

手っ取り早く時間を潰したいなら、映画やドラマ鑑賞がおすすめです。

最近では、ダウンロード機能に対応している動画配信サービス(VOD)も増えてきているので、停電前に事前に動画をダウンロードしておくことで、ネット環境が使えなくてもしちょうできますし、スマホのギガ数を消費することもありません。

ただし、時間を忘れて視聴を続けると電池切れの可能性もあるので、スマホでの動画の視聴は十分に注意しましょう。

万が一に備え、モバイルバッテリーを用意しておくことをおすすめします。

お酒を飲む

停電な上に、暴風雨で外出もできない…そんな日だからこそ、昼間からお酒を飲むチャンスです。

スナックのようなちょっとしたつまみをあてに、ラジオを聞きながら酒を飲む。普段中々できない体験なので、逆に停電を楽しめてしまうかも知れません。

ただし、緊急時の避難も頭に入れ、飲み過ぎには注意しましょう。

筋トレ

電気が使えなくやることがないときこそ、筋トレをしてみるのも良いでしょう。

日頃の運動を解消できる上に、適度に汗を掻くことで、停電と退屈からくるストレスを解消できるかもしれません。また、適度な運動をすることで、夜寝付きやすくなることも考えられるので一石二鳥です。

ただし、室温が上がってより暑さが増す可能性があるので、あまり激しくない、腕立て伏せや腹筋をお風呂場で行い、水風呂に入ってクールダウンしてみるといいでしょう。

部屋の片付け

仕事で忙しい日々を送っている人は、何もできない停電時だからこそ、部屋の片付けを行ってみてはいかがでしょうか。

時間があるときこそ、必要なものと、そうでないものの判断がしやすいものです。コレを機会に断捨離を行い、自宅の整理整頓を行い、いらないものを捨てる準備をしてみましょう。

片付けることによって、ずっと前になくした探しものが見つかったり、へそくりが見つかるかも知れませんよ♪

お昼寝

普段十分な休息を取れていないなら、この機会に十分な睡眠を確保してみてはいかがでしょうか。

寝だめはできないと言われていますが、それでも体を横にすることで、日頃酷使している体を休めることができます。

1〜2時間は軽く時間を潰すこともできるので、休息ができて時間も過ごせる究極の暇つぶしと言えるのではないでしょうか。

停電時のおすすめの一日の過ごし方

Free-Photos / Pixabay

これまでお伝えした停電時の暇つぶし方法を踏まえ、上手に時間を潰す1日のスケジュールを考えてみました。

時間 やること
8時〜 起床、読書
9時〜 部屋の片付け
10時〜 ジグソーパズル
12時〜 昼寝
14時〜 読書
15時〜 ボードゲーム
16時〜 筋トレ〜水風呂
17時〜 トランプゲーム
18時〜 携帯ゲーム機で遊ぶ
19時〜 晩酌しながら動画鑑賞
21時〜 就寝

明るい時間にしかできないことを、日中に行い、暗くなったら、電気が必要な遊びをするスケジュールです。

朝目覚めたときは、頭がスッキリしているので、読書をしてゆっくりと時間を過ごし、本を読み終えたタイミングで部屋の片付けをします。

綺麗になった部屋に、ジグソーパズルを広げ、時間を忘れてパズルにのめり込み、疲れて集中力が切れたところでお昼寝。

目覚めたあとはやはり頭がスッキリしているので、読書をし、それからボードゲームで時間を潰します。

ここまで余り体を動かしていないので、筋トレで適度な運動をし、外が暗くなる前に早めのお風呂でリフレッシュ。

トランプや携帯ゲーム機で時間を適度に潰し、頃合いを見計らってお酒を飲みながら映画鑑賞をして、早めに21時には就寝する。

これが、丸4日間、停電で電気が使えなかった僕が考えた、最高の暇つぶしスケジュールです。こう考えると、停電していても充実した1日が過ごせそうですね。

何より大事なのは、事前に準備をして、自分自身のスケジュールをつくることだと僕は思います。

まとめ

  • 電気を使わない遊びでも、十分に時間を潰せる
  • 事前にスケジュールを立てておけば、停電でも充実した時間を過ごせる

前述したスケジュールは、あくまで一人暮らしの僕が、僕自身のために考えたスケジュールです。

家族と暮らしていたり、小さなお子様がいる場合は、それぞれに適したスケジュールがあると思いますので、この機会に自分自身の停電時の最適スケジュールを考えてみてはいかがでしょうか。

日本全国が台風の被害に遭う可能性がある近年、きっと役に立つと思いますよ。

おすすめの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2014年10月〜2016年6月末までオーストラリアでワーキングホリデーを経験。 今後は地元沖縄を拠点にビジネス展開できるように計画中。 パワームーブとスキル大好きなパワーヘッダー偽B-boy。 ダーツ、カメラ、写真、散歩、ブレイクダンスとやたらと多趣味の変人。