利用歴1年半の僕がおすすめする定額でオーディオブックが聴き放題のAudibleが超便利

  • はじめに

    最近は、時間があれば本や記事を読んだりと、情報収集に励んでおります。どうも、なっち(@bboy_nacchi)です。

    ブログで情報発信したり、仕事で必要な知識を得るために、仕事の休憩時間や寝る前のちょっとした時間に本を読み、良質な情報収集を心がけている今日このごろ。

    他のブロガーさんの記事や、はてブで拡散されている記事にももちろん目を通しますが、出版社の厳しい校正をくぐり抜けて出版された書籍から得られる情報の方が、個人的には得られる情報の価値は高いと思っています。

    なっち
    ただし、バズっている記事は、タイムリーな情報なので、真摯に受け止め、自分なりの解釈を交えながら、勉強になったと日々思っています。

    情報収集をするために、本を読むようになってから気づいた悩み。

    なっち
    僕って読書のスピードが超遅い…(;・∀・)

    そう、良質な情報を得られるのはいいのですが、なんせ僕は読書スピードが非常に遅い。読んでいる途中で眠くなってくることもしばしば。その為、読み進めているだけ前のページの内容をすっかり忘れていたりします…(;・∀・)

    ミスターX
    集中力なさすぎww

    このままではいかん…もっと効率が良くて便利な方法はないだろうか…?と模索していたところ、ついに見つけました。それが、Audibleという超便利なサービス。

    ということで今回は、Audibleについて紹介します。

    定額でオーディオブックが聴き放題のAudibleがめちゃくちゃ便利なので超おすすめ

    Audibleとは

    Audibleとは、ネットショップ大手のAmazonが提供している、オーディオブックが聞けるサービスで、利用者、オーディオブックブックを購入し、スマホやタブレットにダウンロードすることで、いつでも好きな時にオーディオブックを聞くことができます。

    以前はオーディオブックが聴き放題のサービスを提供していましたが、2018年8月28によりダウンロード販売が開始され、聴き放題からコイン制へとサービスが変更となりました。

    これを聞いた当初は、せっかく聴き放題だったのに…

    と投げていましたが、それと同時に作品ラインナップが増え、楽しめる作品の幅が広がったので、個人的にはそこまで不満を感じていません。

    Audibleの料金

    月額料金 付与コイン
    無料会員 0円/都度購入 0コイン
    有料会員 1,500円(※1) 1コイン
    今なら、最初の月は無料で利用できる1ヶ月無料体験を実施中です。

    無料会員と有料会員の違いについて

    Audibleは、前述した料金表のとおり、無料会員と有料会員があります。この両者の一番の違いは、月額料金を支払う必要があるかないかです。

    無料会員の場合は、月額料金を支払う必要がない代わりに、オーディオブックを定価でしか購入できません。一方、有料会員の場合は、付与されるコインまたは、割引価格で購入することができます。

    上記の画像は、人気作であるホリエモンの多動力の購入ページです。無料会員の場合、2,500円となっていますが、有料会員は750円。なんと、1,750円も安く購入できるという大幅割引です。

    月額料金が1,500円なので、これは後者のほうが圧倒的にお得なことがわかりますよね。

    Audibleのメリット

    TeroVesalainen / Pixabay

    スマホがあれば好きなときに本が聞ける

    スマホ専用のアプリを利用すれば、スマホに本をダウンロードして、音楽を楽しむように本が聞けます。会社へ向かう電車の中や、人と待ち合わせをしている隙間時間に、書籍から優良な情報を収集できるって素敵じゃないですか?

    個人的には、通勤に車を使っている人に特におすすめしたいです。毎日、片道30分〜1時間という時間をかけて仕事に通っているという人は多いと思います。音楽やラジオを聞くのが楽しみという人もいるかもしれませんが、確実に時間を確保できるこの時間にAudibleで書籍を聞くことで、仕事の行き来だけで学びを得られます。

    仮に、片道30分の通勤時間なら、

    • 30分×2(往復)=60分
    • 60分×5日=300分
    • 300分×4週間=1200分

    1ヶ月に20時間も読書の時間に当てられる計算になります。これだけの時間を情報収集に当てられるなら、何かしら成長できると思いませんか?

    なっち
    僕がAudibleを利用するようになったのも、この車の運転時間をどうにか有効活用したいと思ったからです。

    再生速度が調整できる

    Audibleのアプリは、再生速度の調整が可能です。ゆっくり、そしてじっくりと聴きたい場合は、再生速度を遅く設定し、早く全ての情報を知りたい場合は、再生速度を早く設定するといいでしょう。

    本を読む速度を向上させることは中々難しいものですが、日本人であれば聞き取り能力は練習しなくても十分なものです。これまで1冊読み終えるのに1週間(10時間)かかっていたとしても、再生速度を調整することで、大幅に短縮することができます。

    Recommend audble
    なっち
    ちなみに僕は、再生速度1.5倍で視聴することがほとんどです。これ以上早くすると、早すぎて情報が聞き取れなくなります(笑)ただし、慣れ次第では3倍速でも不自由なく聞き取れるようになると思います。

    有料会員なら気に入らない作品を返却して別のオーディオブックと交換できる

    めちゃくちゃ話題だから買ってみたけど、自分とは全然合わなかった…

    読書好きな人はこのような経験がおおいのではないでしょうか。

    読書好き
    返品できたらな…それか、あわよくば他の本と交換できたらな…

    というあなたの願いをAudibleが叶えてくれます。

    有料会員の特典として、購入した作品の内容があまり気に入らなかったり、ナレーターに馴染めなかった場合に購入したオーディオブックを返品することができます。

    返品することで、購入の際に使用したコインが返って来るので、そのコインを使ってまた別の作品を購入することができます。

    太っ腹すぎじゃありませんかAudibleさん。

    ただし、返却できる回数には制限があります。何回も返却できるわではないので、その点は理解しておきましょう。

    1冊無料で聴けるキャンペーンを実施中

    Audibleでは、初めて利用する人限定で、最初の1冊が無料で聴けるキャンペーンを行っています。オーディオブックなんて利用したことないし、自分にあうか全くわからないという人でも気軽に試せるチャンスです。

    様々なジャンルのオーディオブックが聞ける

    ビジネスや自己啓発系の書籍から、ハリーポッターなどのフィクションファンタジー作品も配信しているので、その時の気分に合わせて聞き分けきれるので便利です。また、前述した再生速度の調整機能を使い、ファンタジー作品を低速で再生することで、お子さんのへの本の読み聞かせにも利用できるかもしれませんね♪

    Audibleで聞ける書籍は、こちらの書籍一覧で確認できます。

    Audibleのデメリット

    図を使った解説書籍には適さない

    財務会計など、図を使ったほうが理解しやすい書籍は、実際に書面を見ないと図をイメージできないので、理解しづらいという欠点があります。

    ただし、オーディオブック専用の図をインターネット上からダウンロードできるようになっているので、スマホやタブレットの画面を見ながら利用する場合は、特に問題ないでしょう。

    Audibleはこんな人におすすめ

    • 車の運転時間が長い人
    • 文章を読むのは苦手だけど、何かしら新しい知識を吸収したい人
    • 本を読む時間はないので、短時間で自分の代わりに読み聞かせをしてくれるサービスが必要な人

    Audibleは、スマホさえあれば簡単に利用できます。通勤通学に車を利用していて、毎日の通勤の時間を有効活用したい人におすすめです。

    再生速度を調整すれば、2〜3時間で1冊分のオーディオブックを聴けるので、通勤中に新たな知識を吸収できたり、ファンタジーの世界にのめり込めるので、これまで苦だった通勤時間が楽しいものに変わること間違いなしですよ。

    まとめ

    • Audibleなら、名作から話題の作品まで様々な書籍のオーディオブックが聴ける。
    • 今なら最初の1冊が無料で聴けるキャンペーンを実施中

    車社会の沖縄では、1日に最低1時間は運転に時間を取られます。そんな時間を有効活用するために、僕はこのAudibleを使い始めました。

    まだ利用し初めて2ヶ月ほどですが、日々様々な書籍を聞くことで、いろんな情報を吸収できるので、今ではドライブの時間が楽しみで仕方ありません。

    自分で読んだほうが理解が深まるという人もいるかもしれませんが、忙しい毎日を過ごしている人なら、隙間時間に少しでも学習できるAudibleをおすすめします。

    [amazonjs asin=”B004GJ6BY0″ locale=”JP” title=”Audible (オーディブル) – 本を聴くAmazonの新サービス”]

    おすすめの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2014年10月〜2016年6月末までオーストラリアでワーキングホリデーを経験。 今後は地元沖縄を拠点にビジネス展開できるように計画中。 パワームーブとスキル大好きなパワーヘッダー偽B-boy。 ダーツ、カメラ、写真、散歩、ブレイクダンスとやたらと多趣味の変人。