絶景と本格ギリシャ料理が味わえるリトルグリークキッチン【読谷村】

リトルグリークキッチン。アイキャッチ

最近、地元沖縄の観光にハマっています。どうも、なっち(@bboy_nacchi)です。

生まれも育ちも沖縄の純沖縄人の僕ですが、超インドア人間のため観光地やおしゃれカフェにほとんど行ったことがありません。

でも、インスタを眺めていると、自分の知らない沖縄がそこに広がっていて、魅力的なスポットが沢山あることに気が付きました(今さらww)

ってなわけで、週末はカフェに行ったり、景色がキレイな場所に行き、リフレッシュしながら写真を撮るのがマイブームな僕ですが、先日、めちゃくちゃ長めがキレイな上に、おいしいギリシャ料理が食べれるお店「リトルグリークキッチン(Little GREEK Kitchen)」へ行ってきました。

リトルグリークキッチンからの景色
なっち
どうですか、思わず息を呑んでしまうようなこの絶景!

ということで今回は、読谷村にあるリトルグリークキッチンへ行ったときのレポート記事です。行き方やお店の紹介はもちろん、食事の感想も合わせて紹介します。

メニューはシェフにおまかせのみ!ギリシャ料理店「リトルグリークキッチン」

リトルグリークキッチンのロゴと風景

リトルグリークキッチンの食事メニューは、なんと「シェフのおまかせ」のみ。

ランチタイムに行ってみたところ、前菜のサラダ。メインプレート。デザート&コーヒーを堪能できました。

席に案内されると、既にテーブルに用意されたギリシャサラダ。

リトルグリークキッチン。ギリシャサラダ

キュウリ、トマト、玉ねぎ、パプリカ、オリーブ、そしてシェフ特製のフェタチーズの野菜盛りだくさんのサラダ。

日本チーズアワード2018や琉球グランプリなどで数々の賞を獲得するほどの実力者が作った本格的なフェタチーズがサラダの酸味といい具合にマッチして美味しかったです。

なっち
ただ、少食な僕は、この時点で腹七分目。あ、やばいかも…

ってな状態でしたw

そして、登場したのがメインのプレート。

リトルグリークキッチン。メゼプレート

肉料理。魚料理。パイ。フライドポテトの盛り合わせです。

串に刺さっているのが鶏肉のケバブで、その右側が香辛料の効いたハンバーグのようなもの。

左上には、ブレッド。そのとなりが、ほうれん草とチーズのパイ。そして一番右側が、ナマズのフライとフライドポテトです。

二人で行ったので、二人前が一つのお皿に盛り付けられていますが、一つ一つが大きいので食べごたえたっぷり!

少食な人だと食べきれないでしょう。僕は、頑張って全部食べましたが、他のお客さんたちはほとんど残していました。

でも、持ち帰り用のボックスを提供してくれるので、無理に食べるよりも、お腹に余裕をもたせながら食べたほうが、味をより楽しめると思います。

なっち
食べ終わる前に、知りたかったと心から思いました…(^_^;)

食後は、ホットコーヒーまたは、紅茶&デザートのパンプキンプリン!

リトルグリークキッチン。デザート

器に入れておかないと形状を保てないほど柔らかいプリンは、嫌な甘さがしないカラメルとピスタチオとの相性が抜群で、満腹だったはずなのに完食w

プリンの上には、砕かれたピスタチオが乗っているのですが、なんとこれ、わざわざギリシャのアテネから取り寄せているとのことでした。

こういうところに、シェフのこだわりが垣間見えました。

気になるランチのお値段は、一人あたり2,530円(税込み)とランチにしてはちょっとお高め。

そのため、気軽に頻繁に通うのは難しいかなと感じました。

でも、景色がきれいな上に、席数が限られていて、ゆっくりとお話しながら食事を楽しめる空間なので、デートに最適だと思いました。

彼女を連れて行ったら、絶対喜ばれると思います。

リトルグリークキッチンのメニューと値段

ランチ 2,530円(税込み)
ディナー 3,850円(税込み)

フードメニューは、シェフのおまかせだけとなっていますが、ドリンクメニューは以下のように充実しています。

  • ギリシャビール
  • ハウスワイン
  • ギリシャワイン
  • サンマリーノ共和国ワイン
  • ウゾ
  • グァバソーダ
  • マンゴーソーダ
  • ギリシャコーヒー
  • フラッペ
  • フレッシュミントティー

リトルグリークキッチンの場所と営業時間

住所 読谷村字長浜1189-3
営業時間
  • ランチ :12時〜14時
  • ディナー:18時0~21時
  • 定休日 :火曜日、水曜日

リトルグリークキッチンは、完全予約制のレストランです。急な思いつきで行っても入れない可能性が高く、場所も少し分かりづらいところにあるので、時間に余裕を持って行くことをおすすめします。

ただ、僕の場合午前10時あたりに電話で予約を入れましたが、快く受け入れてもらえました。

パメラさんは日本語がペラペラなので、英語が話せない人でも簡単に予約できます。メールやFacebookメッセージでも予約を受け付けているとのことなので、電話が苦手な人は、これらの方法を使ってみるのもありかもしれません。

>>予約電話番号:080-8566-0802

リトルグリークキッチンの公式HP&SNS

公式サイト https://www.littlegreekkitchen.com/
Facebook littlegreekkitchenokinawa
Instagram little_greek_kitchen

リトルグリークキッチンの最新情報や営業カレンダーは、上記の公式サイトやFacebookページで確認できます。

まずは一度目を通してみてください。

まとめ

  • リトルグリークキッチンは、沖縄のキレイな海を見ながら本格ギリシャ料理が楽しめるおしゃれなレストラン
  • 完全予約性なので事前に電話をお忘れなく
  • 値段はちょっと高いけど、デートで行ったら絶対喜ばれる場所

少食なため、苦しくなりながらランチを食べきった僕でしたが、満腹なのにも関わらず、不思議と全然気持ちが悪くありませんでした。

なっち
普段なら、食べ過ぎると気持ち悪くなって動けなくなるんですよね…

一つ一つの料理が、あっさりしていて油っこくなく、ヘルシーな感じがしたので、もしかしたらそのおかげかな?と勝手に思ったりしました。

脂っこい料理が苦手な僕でも最後まで美味しく食べれたので、外食が苦手な人でもきっと美味しく食べれると思います。

ぜひ、デートで一度行ってみてください♪

おすすめの記事

関連記事

リトルグリークキッチン。アイキャッチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2014年10月〜2016年6月末までオーストラリアでワーキングホリデーを経験。外資系企業に務めながら、副業でブログやサイトを運営し、今後は地元沖縄を拠点にビジネス展開できるように計画中。 ダーツ、カメラ、写真、散歩、ブレイクダンスとやたらと多趣味の変わった人。