暗号化したiPhoneのバックアップパスワードを忘れてピンチな人へ。PhoneRescueを使えば復元できるかもしれませんよ?【PR】

はじめに

iPhoneが急に挙動不審になり、復元を余儀なくされました。どうも、なっち(@bboy_nacchi)です。

そうなんです。iPhoneのデータが一旦全部飛んだんですよ…

暫く音楽の整理をしていなかった僕は、久しぶりに入れ替えてみるかと数百ファイルの入れ替えを行うことに。

そうそれが間違いだった…

約5年iPhone5sを使っているのですが、寿命なのか最近調子が悪かったんです。64GBある容量の殆どを動画と音楽ファイルが占領し、それを一気に処理させたのがいけなかったのでしょう。

データの整理は問題なく終え、音楽も無事に再生され、

なっち
((o(´∀`)o))ワクワク

っと思っていた矢先、うんともすんとも言わなくなるiPhone。

画面の端から中央に向かい、青い画面が徐々に消えていくという完全にヤバそうな状態になり、永遠とAppleのロゴの表示と再起動を繰り返すただの鉄の塊に…

なっち
\(^o^)/オワタ

と言うのは、この時の為に存在する言葉なのでしょう。

時間が立てば治るかも!と考えた僕は、一旦寝ることに。

・・・・・・

一晩経過

・・・・・・

そして翌朝、iPhoneのバッテリーを入れてみると!

案の定、うんともすんともすんともありません…

こうなったら復元するしかない!と思い立ち、iTunes経由でバックアップしていたファイルを復元することに。

だがしかし、そこでさらなる問題発生。セキュリティ強化のために設定していた暗号化のパスワードを完全に忘れたアホな僕がそこに…

Pose zetsubou man
なっち
今度こそ完全に\(^o^)/オワタ。諦めて新しいiPhoneを購入するか…

と諦めていた矢先、以前紹介したPhoneRescueが復元パスワードの解析に対応したとの情報を入手。

早速試してみることに…

暗号化したiPhoneのバックアップパスワードを忘れてピンチな人へ。PhoneRescueを使えば復元できるかもしれませんよ?【PR】

PhoneRescueとは

PhoneRescueとは、iPhoneやAndroidのためのデータ復元ソフトで、起動しなくなったものでもデータを抽出できる可能性のある救世主。詳しくは、以下の記事で紹介しています。

最終手段!iPhoneのデータや写真が消えて、バックアップもない場合はPhoneRescueを試すべし!【PR】

PhoneRescue3.7の新機能

暗号化されたiTunesバックアップの復元パスワードの解析機能

パスワードに含まれる文字の種類や長さを指定するだけで、パスワードを解析してくれる機能が追加され、パスワードを忘れてしまった場合でも復元できる可能性が広がります。

僕のように、パスワードを忘れてしまった。無理とはわかっていても、どうにか復活させきれないだろうかと思うたユーザも意外と多いハズ。

考えられるデメリット

パスワードの解析に時間がかかる

複雑で長いパスワードを設定していた場合、データの解析にはより時間がかかるようです。また解析時間もパソコンの性能に比例するようなので、非力なパソコンだとかなり時間がかかるかもしれません。

また、確実に解析できるというものでもないようなので、パスワードがわかったらラッキー!というくらいの気持ちで利用するほうがいいでしょう

誰かにパスワード解析されるのでは?

万が一、暗号化ファイルが悪意のある人に渡ってしまった場合、パスワードを解析されて、データを見られてしまうのでは?という不安が脳裏を過ぎりました。

そうならないためにも、データの管理はしっかりしたいものですね。もちろん、パスワードの管理も…Σ(´∀`;)

復元パスワードを忘れてしまった場合の復元方法

Phone Rescueを起動し、「iTunesバックアップからリカバリー」を選択し、「→」をクリックします。

Window 0030 04 07 午前7時 07 58

一覧から、復元したいバックアップファイルを選択し、「→」をクリックします。

Window 0030 04 07 午前7時 10 37

全てのデータを復元したい場合は、「バックアップのみをスキャン」。紛失したデータのみを復元したい場合は「比較」をクリックします。

Window 0030 04 07 午前7時 13 06

「パスワードをお忘れの場合」をクリックします。

Window 0030 04 07 午前7時 14 13

パスワードに含まれる文字の種類長さスレッド数を選択し、「開始」をクリックします。

本来のパスワードに含まれる文字の種類を選択しなかったり、文字数が正しくない場合は解析が失敗するようなので、記憶を頼りに、考えられるものには全てチャックしましょう。
Window 0030 04 07 午前7時 15 25

パスワードの解析が始まります。パソコンの処理能力やパスワードの複雑さによって、解析にかかる時間は異なるため、解析が終わるまで気長に待ちましょう。

Recover from encrypted itunes backup5

解析が終わると、パスワードが表示されます。次回以降の復元のために忘れないようにしましょう。その後、「スキャン」をクリックします。

Recover from encrypted itunes backup6

復元したいデータを選択し、「OK」をクリックすると復元が始まるので、終了するまで待ちましょう。

Recover from encrypted itunes backup7

復元が完了するとこのような画面が表示されます。以上がパスワードを忘れた際のデータ復元方法です。

Recover from encrypted itunes backup8

まとめ

  • 暗号化パスワードを忘れてもPhoneRescueならデータを復元できる可能性がある
  • 解析速度は、パスワードの複雑さとパソコンの性能に影響する
  • 100%パスワードを解析できるとは限らない
  • パスワードの記憶と管理が、とても大事

暗号化パスワードを忘れてしまった際の最終手段として、PhoneRescueを利用する方法を紹介しましたが、残念ながらPhoneRescueも万能ではありません。

必ずパスワードを解析できるとは限らないため、「できたらラッキー!」くらいの気持ちで試してみるとよいでしょう。

あなたの大切なデータを確実に守る上で大切ことは、パスワードを忘れないこと、そしてそのパスワードを正しく管理することです。

万が一のトラブルは、起こるものだと肝に銘じて、これからはパスワードの管理をしっかりとしたいものですね。

おすすめの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2014年10月〜2016年6月末までオーストラリアでワーキングホリデーを経験。 今後は地元沖縄を拠点にビジネス展開できるように計画中。 パワームーブとスキル大好きなパワーヘッダー偽B-boy。 ダーツ、カメラ、写真、散歩、ブレイクダンスとやたらと多趣味の変人。