Xcodeがインストールできない時の対処法

はじめに

iPhoneアプリを開発するための必須の開発環境。

それが、Xcodeです。

とあるアプリの案を思いついたので、

実現できるかは不明だがとりあえず開発環境は整えよう!

っと思い立ってApp storeからXcodeをダウンロードしようと思ったら出来ないがな!

ということで、この問題についてどうにか解決したのでメモとして残しておきます。

事象

App StoreからXcodeをダウンロードしインストールする際に、

「エラーが発生しました。購入済みからインストールし直してください」

的な内容のエラーとメッセージがあり、Xcodeがインストールできない。。。

一時的なエラーかなと思いましたが4、5回試してみましたが無理でした。。。。

解決方法

いろいろ悩んで諦めようと思って最後に、

不要なファイルを削除し、ハードディスクの空き容量を増やした結果問題が解決しました!!

 

App Storeのダウンロード情報を見ると、Xcodeの容量が約2GB。

最初の時点で6GBの空きがあったので、余裕だろうとそこは無視していましたが、

結局空き容量不足だったようです。。。。

 

不要な物を外付けのハードディスクに移すなりした結果、

約13GBの空き容量を確保。

Xcodeのインストール後の空き容量が10GBなので、

ダウンロード、解凍、インストール作業に6GB〜7GBの空きが必要なのかもしれません。

終わりに

というわけで、同じ事象で困っている方がおりましたら、

とりあえずハードディスクの空き容量を増やして再チャレンジしてみてください!!

 

さて、インストールが完了したからには思考だけが先走っているアプリを具現化せねば。。。

それではこの辺で!!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2014年10月〜2016年6月末までオーストラリアでワーキングホリデーを経験。外資系企業に務めながら、副業でブログやサイトを運営し、今後は地元沖縄を拠点にビジネス展開できるように計画中。 ダーツ、カメラ、写真、散歩、ブレイクダンスとやたらと多趣味の変わった人。