在住者が語るゴールデンウィークに沖縄へ行ってはいけない3つの理由

春の大型連休といえば?そう、ゴールデンウィークです。

毎年4月末頃から5月の頭に続くこの長い連休を利用して、旅行に行こうと考えている人多いのではないでしょうか。

「少しずつ暖か無くなってきたし、常夏の島にでも行って、ビーチパーティーや海水浴でも楽しみたいね。沖縄行こうか!」と、一度は沖縄への旅行を検討した経験はありませんか。

でも、ちょっと待った!!

正直なところ、ゴールデンウィーク中の沖縄への旅行はおすすめしません。

なっち

自己紹介が遅れました。どうも、沖縄生まれ沖縄育ち、沖縄在住のなっち(@bboy_nacchi)です。

東京とオーストラリアに住んでいたものの、それ以外の20年以上は沖縄で生活をしている僕ですが、GWは正直沖縄人にとっては軽い悪夢。(あくまで個人的な意見ですw)あまりおすすめしません。

では、なぜゴールデンウィークに沖縄に旅行へ行かないほうがいいのか。その理由についてお伝えしますね。

ゴールデンウィークに沖縄に行かないほうがいい3つの理由

航空券やホテル代などの料金が割高

旅行に行き慣れている人ならすでに知っていると思いますが、需要が高まるシーズンは、航空業界もホテル業界も総じて料金が割高になります。

連休により利用者が多くなるので、多少高くても売れてしまうというのがポイント。

この記事を書いている今この瞬間がゴールデンウィークのため、試しに航空券の値段を調べてみました。

画像をクリックすると拡大されます。

東京〜沖縄 5/3〜5/6

東京〜沖縄 5/17〜5/19

東京、沖縄間の5月3日から5月5日の往復チケットは、ジェットスターで67,415円。

なっち
めちゃめちゃ高いですね…

直近の日付で調べているため、数ヶ月前に予約をすればもう少し安くなるかもしれません。でも、Google先生が言っているように、この時期に旅行の金額は高額です。

比較するために、2週間後の5月17日〜5月19日の料金を調べてみましたが、その差は歴然。

67,415円 − 14,080円 = 53,335円

これはあくまで、最安値の料金との比較ですが、2週間ずらすだけで5万円以上も差があります。この値段なら、割と良いホテルに泊まれますよね。

ゴールデンウィーク中の航空券の値段の高さをおわかりいただけたかと思います。

渋滞がひどい

沖縄に行ったことがある人ならわかると思いますが、実は沖縄に電車はありません。都市モノレールはありますが、それも那覇市内の一部だけ。

つまり、沖縄旅行を満喫するためには、タクシーかレンタカーが必須となるわけです。

人気の観光地である沖縄は、ゴールデンウィークには観光客の数も増える。そうすると、あなたと同じようにレンタカーを利用する人が増えるわけです。そして、車社会なので、地元沖縄の人たちも車を使わないと移動できない。

もうおわかりですよね。

行楽シーズンでないときでさえ渋滞が問題になっている沖縄。それに加え、国内外からたくさんの観光客がレンタカーを利用する。

美ら海水族館や古宇利島など、沖縄ならではの観光地は、沖縄本島の北部に位置しています。そこへ南部にある那覇から車が集中するんです。

渋滞しないわけがありません。

在住者からすると、渋滞するから可能な限り外出を控えようウィークになるのは明らかですよね

天気が悪いことが多い

ゴールデンウィーク(5月)は天気があまり良くないことが多い。これが、僕がゴールデンウィークに沖縄に旅行することをおすすめしない一番の理由です。

前述した割高料金も、渋滞も我慢してしまえば、正直どうにかなります。

でも、天気だけはどうにもなりません。誰も自然に勝てないんです。

せっかくの休みを利用して、高いお金を払って旅行に来たのに、雨だったら報われません。

試しに、Goo天気で過去8年間の5月3日の那覇の天気を調べてみました。

なっち
雨と曇り多いですね…

これはあくまで一部なので、詳細を見たい人は下記のリンクよりご自身でご確認ください。

>>那覇の過去の天気:5月3日

2000年代は、晴れが多かったが、2010年代は曇か雨が多いというのがこのデータからわかると思います。

ちなみに、平成から令和にかけて10連休となった2019年の歴史的ゴールデンウィークの天気がこちら。

なっち
めっちゃ曇りと雨だらけww

実際のところ、僕の住んでいる地域では4月27日〜4月29日まで大雨で、前も見えないくらい雨が降っている時間もありました。

なっち
せっかく沖縄に遊びに来ている人は、大変だろうな…となんど思ったことか。

ゴールデンウィークに沖縄に行くなら、屋内と屋外の2つのプランを立てよう

これまでで、ゴールデンウィークが沖縄旅行に適さないことはわかっていただけたと思います。

でも、「せっかくの連休なんだからどうしても沖縄に行きたい!」「渋滞なんて関係ないし、雨なんて運次第じゃないか!そんなの気にしない」という人は沢山いるでしょう。

そんなあなたは、屋内で遊ぶプランと屋外で遊ぶプランの2つを立てておくことをおすすめします。

つまり、雨が降ることを想定して、予め代替プランを準備するんです。

晴れた日のプランしか用意していなければ、予定が崩れて残念…となりますが、事前に雨の日のプランを立てておけば、予定通りだし問題なし♪と気持ちも下がらずにすみます。

もっと言うなら、「ゴールデンウィークは観光客が多いし、あまり遠方へ行くのはやめておこうか」という風に考え、屋内施設の充実した那覇市内のリゾートホテルでリラックスするというのもいいでしょう。

ハイアット リージェンシー 那覇 沖縄ロワジール スパタワー 那覇は、スパやプールなど、屋内で楽しめる施設が充実しているので、生憎の天気でも楽しめると思います。

もう少し、値段の安いホテルをお探しなら、那覇市内には他にも沢山のホテルがあるので、調べてみてください。

まとめ

  • ゴールデンウィークの沖縄は、料金が割高で、渋滞もひどく、天気も悪いことが多いのでおすすめしない
  • どうしても沖縄に行きたいなら、屋内と屋外で遊べる2つのプランを事前に用意する

ゴールデンウィークで長い休みをもらえるからこそ、できる限り遠出して遊びたい気持ちはよくわかります。でも、みんな同じ考えなので、必然的に混雑して、割高の料金を支払ことになります。

観光といえば沖縄。でも、高いよね。というイメージがありますが、タイミングをずらせばそんなに高くないのは前述したとおりです。

ゴールデンウィークは、あえて自宅の近くでのんびりと過ごし、別のタイミングで有給休暇などを利用して沖縄へ旅行したほうが、料金面でも精神面(渋滞のイライラによる)でもお得なんじゃないかと僕は思います。

これから沖縄へ旅行を考えている人は、こんな考え方もあるということを頭に入れて、計画を立ててみてください♪

それでは\(^o^)/

おすすめの記事

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2014年10月〜2016年6月末までオーストラリアでワーキングホリデーを経験。外資系企業に務めながら、副業でブログやサイトを運営し、今後は地元沖縄を拠点にビジネス展開できるように計画中。 ダーツ、カメラ、写真、散歩、ブレイクダンスとやたらと多趣味の変わった人。