NAVERまとめの情報を鵜呑みにしてまんまと騙された時のお話

はじめに

最近、腹筋と手首を酷使するエクササイズにハマっております。

どうも、なっち(@bboy_nacchi)です。

それが、こちら(笑)

It was best practice ever with Charlie. I need more practice. #bboy #practice #小技 #手首と腹筋を酷使するスタイル

B-boy なっちさん(@bboy_nacchi)が投稿した動画 –

いきなりですが、今日は僕怒っています!

んゃ正直ちょっとイラッとしていただけなんですが…(;´Д`)  

ということで今回は、僕の怒りの理由をお話します。

ただ最初に言っておきます。長いです。

NAVERまとめの情報を鵜呑みにしてまんまと騙された時のお話

事の発端は、先週の頭のこと。

オーストラリアでのワーホリも終盤に差し掛かってきた僕は、

「久々に2連休だしちょっと遠出でもしようかな〜・・・」

と週末プチ旅行の行き先を考えていました。

2連休とは言え、2日目の夜に予定があったので、

1日で言って帰ってこれる場所は無いものか…(・ัω・ั) と考えこんだ結果。    

「そうだ、Canberraへ行こう」と、ふと思いつき、Canberraへ行くことに。    

行き先が決定したら、

徹底的に調べて事前に旅程を決めないと気がすまない僕。

そこで登場するのがみんなの頼りになる見方グーグル先生。

「Canberra 観光」とか、
「Canberra おすすめ スポット」とかで検索して、

興味のある場所をピックするわけです。    

で、そもそもCanberraって何なの?

という方のために簡単なCanberraな紹介をします。 

Canberraとは

 

キャンベラは、オーストラリアの首都。35万8000人の人口を擁し、オーストラリア国内では8番目、同国内陸部では最大の都市である。面積: 814.2 km² 人口:35.66万 (2011年)ウィキペディアより引用

シドニーの南西にあって、電車で約4時間、高速バスだと約3時間のところにあります。

Naverまとめの記事に食いつく、そうそれが間違いだった…

Canberraについて無知だった僕は、

「キャンベラ 観光 おすすめ」でググッて行きたいスポットを見繕っていました。

その時はCanberraのつづりすらわからなかったのでカタカナです(笑)

そして検索結果の一位に表示されたのがこちらの記事。

オーストラリア観光【キャンベラ】行くなら絶対ココ!厳選10スポット – NAVER まとめ

なんと魅力的なタイトルだろうか。

これからキャンベラに行こうと思っている僕は、

コレだ!と思ってすぐに食いつきました。

 

そう、それが間違いだった…

 

美術館や国会議事堂など、

キャンベラの観光スポットが写真付きで簡潔にまとめられている非常にわかりやすい記事。

なんという良記事だ!

と思った僕は、

沢山の場所を見て回るほどの時間はあまりないので、

この記事で紹介されていた国会議事堂と国立図書館へ行くことに決定。

 

なんでそれにしたかって?

決定の理由は、紹介されていた写真です。

あ、素敵♪生で見たい♪

と思ってしまったわけですよ。

この気持ちわかりますよね?

まぁ、それが後々仇となるわけですが…(;´Д`)

そんなこと知る由もない僕は、

夢に期待を膨らませてCanberraに到着します。

そして最初に口にしたランチがこちら。

サンドイッチ&チップスとカップチーノ。

チップスは僕の大好物で、 カップチーノはカフェに行く度に味の違いに興味があるので毎回頼んでいます。

オシャレな雰囲気のカフェ、

平日のお昼時とは思えないほど人もあまり多くなくとても素敵な一時でした。  

そして、その後ホステルにチェックイン。

ちなみにそのホステルがこちら。

Canberra YHA

綺麗で部屋も広く、エアコンも完備されており、

受付と同じフロアではフリーWi-Fiが使えて便利でした。

あと、巨大な冷蔵庫と綺麗なキッチンが完備されていたことに驚きました。  

そのホステルで発見したのが、レンタサイクル。

街の中心にホステルがあったので、バスで回るよりコストパフォーマンスが断然よかったこと。

ここ10年くらい自転車に乗っていなかった僕は、

学生時代に自転車で地元をうろちょろしていたことを懐かしく思い、

早速自転車をレンタルすることに。  

そう、これも後々選択ミスだったと気付かされます…

国会議事堂へ向かう

10年ぶりの自転車にルンルンな気分の僕が最初に向かったのが国会議事堂。

そう、Naverまとめの記事で見つけたあの国会議事堂です。

入り口の警備のポリスメンが、アサルトライフルを持ってたので、

何も悪いことしてないのにかなりビビりました…(;・∀・)b

ちなみに、入館は無料ですが、空港の用に警備が厳しく、荷物のX線検査があります。

内部には、歴代の首相の肖像画が飾られていたり、

国会中継で見る議事堂がみられます。

ちなみにそこでとった写真がこちら。

中途半端に決まっていない感が半端ないですが…

この時はまだ楽しそうな表情をしているのがおわかり頂けると思います。

オーストラリア国立図書館へ向かう

次に向かったのがオーストラリア国立図書館。

ここが一番楽しみにしていたところ!

だってNaverのこの紹介みてくださいよ! canberra1 ハリー・ポッターを連想させる広大でオシャレな図書館。

こんな場所で読書や勉強ができたらなんと素敵なことか!

と、かなり胸をときめかせながら自転車を漕いでいたわけですよ。

32度の炎天下の中、

やっと図書館の前に到着したと安心したところ…

事件発生

ドカッ!!

カタカタカタ…

ガタン!

緊急事態発生。

歩道と道路の段差を降りたハズミでチェーンが外れるという漫画のような事態ww

ただ、 近年稀に見る自力でチェーンを治すスキル保持者の僕は、

まぁ木陰にでも移動してちょろっといじれば簡単でしょと余裕シャクシャクでした。

 

ただ、その自転車、チェンカバーが付いているタイプじゃないか!!!

しかも二人乗りの一度も触ったこと無いタイプのや〜つ!

道具ない。

経験ない。

住み慣れたシドニーでもない。

終わった…(;´Д`)

 

ただ、何もせず絶望してても仕様がないので、

とりあえずダメ元でいじってみることに。

すると、意外とあっさり治るじゃないか!

後輪部分は!

 

そう、よりによって二人乗りだったその自転車は、

チェーンが2つあり、

中輪と後輪のチェーンを直しただけでは機能しないのだ。

↓これと同じタイプの自転車↓ [amazonjs asin=”B00KMXLLBM” locale=”JP” title=”【並行輸入品】Kent Northwoods(ケントノースウッズ) デュアル ドライブ タンデム 自転車(Black/Red)+NONOKUROオリジナルグッズの付セット商品”]

 

そう、これが問題の部分。

治すためのゆとりがないので、どう考えたって道具がないと無理…

それでも、とりあえずコレでもか!コウしたらどうだ! と悪戦苦闘していると、

自転車用のツーリングウェアを着た、

いかにも私自転車に詳しくて、

チェーンなんてチョチョイのチョイと直せるよ! という人が登場。

助かった…

と思ったのもつかの間、

「あ、これペダルに直結してるギアが壊れてるから無理だよ。 」

と一言。

…Σ(´∀`;)

 

あ、ホントだ。 円状のギアがひしゃげて変な方向向いている…

…\(^o^)/オワタ

 

イヤイヤ待て! ここで諦めても何も始まらない。

意地でも治してホステルへ帰る!!! と無駄にやる気が出てきた僕。

ダメなのはわかっていた。

ただ、一度ひしゃげたということは、

力を加ええればどうにかなるんじゃないか?

と考え、

ひしゃげたギアを、 蹴ったり、踏んだり、叩いたりしまくり。

自転車が壊れない程度に。(いやもう壊れているんですが…)

すると、

(*´艸`*)

な、治ったじゃないか!

元通りではないものの、普通に乗ってこいでも問題ない。

カチャカチャという音を除いては…

まぁホステルまで帰れればあとは怒られても何でもいいと思っていたので、

なんとか一安心。 疲れきった僕はこんな状態ww

いよいよ図書館の中へ

電車の修復に1時間くらいかかった後、

やっと待望の国立図書館の中へ な、なんと!

想像以上の光景に僕は言葉を失いました。

その光景がこちら。

Canberra2

Canberra3  

ふ、普通の近代的で綺麗な図書館(の入り口)じゃないか…

内部はあまりの静けさでシャッター音が気になったので、 撮影は自重しました。    

そんなはずはない。

建物を間違えた?

それとも近代的な部屋と西洋の部屋との二つがあるのかな?  

ということで図書館中を散策することに。  

だがしかし、 いくら探しても、あの素敵で広大な部屋が無いじゃないか!!!!  

猛暑と自転車事件のおかげでパニクっていた僕は、

エアコンの聞いた図書館のおかげで冷静さを取り戻しはじめ、

まさかの言葉が頭を過ぎりました。    

まさか、ガセネタ…Σ(・∀・;)    

んなわけあるはずがない!と思いながらも、

不幸中の幸いで使えたフリーWi-Fiを使ってNaverまとめの記事を再度確認。

画像の出典元リンクがあることに気づき、調べてみることに。

Canberra4 そのリンク先がこちら。 ゆき☆アリ ウィーン雑記帳

ウィーン雑記帳…

嫌な予感はしたものの、

まさかな…と思って読み進めてみると、

ありました。この写真。

Canberra5

ただめちゃくちゃ気になるワードが二つ。

ウィーン?ユーロ?

ここCanberra、そして通貨は豪ドルです。

んで、早速「ウィーンとは」でググってみました。

ウィーンは、オーストリアの首都。人口は182万6030人。
都市単独で一つの連邦州であり、ヨーロッパ有数の世界都市である。

ウィキペディアより引用

オーストラリアの首都。

じゃなくて、

オーストリアの首都…

1文字違うだけ。

ラがあるかないかの違い。

でもその違いはとても大きい。

どれくらいかって?

これくらいです。

Canberra6

約14088km違います。

そんな遠かったらはじめから見に行かないわw

2つ目の写真はどこなの?

まだ問題は終わっていない。

もう一枚の写真はいったいどこの図書館なんだ?

ということで調べてみました。

Canberra8

んでリンク先の結果がこちら。

Canberra9

ページがなくなってるじゃないかコノヤロー!!!!!

ただココで諦めるなっち君ではありません。

Google画像検索を使って類似画像を検索してみた。

Canberra10

そしたらなんかそれっぽいやつ発見しました。

パリですってww

Canberra11

 

なっち
1文字違いならまだしも、国立図書館っていうところしかあってないじゃないか
なっち
んや待てよ、もしかしたらこの記事の情報も間違っているのでは?

ということで、「フランス国立図書館」でググッてみた。

Canberra12

すると、公式ホームページで上記の写真に似ている画像を発見したので、

この写真はフランス国立図書館で間違いないでしょう。

 

つまりNaverまとめにまとめられていた情報は、

全くもってCanberraに関係のない別の国の情報だったということ。

怒りがこみ上げてきそうなもんですが、なんかいろいろと疑問点が解決した僕は、そのままホステルへと戻るのでした…

終わりに

ネットの情報を鵜呑みにして、ろくに調査もせずに行った結果がコレ。

つまり僕のミスですね。

次から気をつければいいので、今回は、面白い話のネタが出来たな〜っとだけ感じています。

 

ちなみに自転車をレンタルする際に、100ドルのデポジットをしていたのですが、

見事に帰ってこなかったです…

まぁ僕が悪いんですけどね…

 

Naverの記事さえ見えていなければ…

とちょっと悔しさが残っていることは否定できません。

[amazonjs asin=”4569706460″ locale=”JP” title=”だましの手口 (PHP新書)”]

おすすめの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2014年10月〜2016年6月末までオーストラリアでワーキングホリデーを経験。 今後は地元沖縄を拠点にビジネス展開できるように計画中。 パワームーブとスキル大好きなパワーヘッダー偽B-boy。 ダーツ、カメラ、写真、散歩、ブレイクダンスとやたらと多趣味の変人。