2017年1月より導入されるオーストラリアのバックパッカー税が19%→10.5%へ減税

はじめに

バックパッカー税の話毎回翻弄されております。どうも、なっち(@bboy_nacchi)です。

これからオーストラリアへワーキングホリデーへ行く人に取って、一番の悩みのタネは、2017年1月より導入されることになったバックパッカー税ではないでしょうか?

一生懸命働いて稼いでお金が、税金で大幅減になるなんてたまったもんじゃないですよね…(;・∀・)バックパッカー税についてまだ知らない方はこちらの記事をご一読下さい。

2017年1月よりオーストラリアで19%のバックパッカー税導入決定!

2016.09.29

ところがどっこい!このバックパッカー税が減税されるとのニュースが2016年11月8日に発表されました!

2017年1月より導入されるオーストラリアのバックパッカー税が19%→10.5%へ減税

まずはこちらのニュース記事を御覧ください。

Opposition ramps up push for cuts to backpackers tax

この記事で注目してほしいのが冒頭のこちらの文章。

Opposition Leader Bill Shorten confirmed Labor would vote for the proposed backpacker tax to be dropped to 10.5 per cent, down from 19 per cent. 上記リンクより引用

なんと、19%の予定だったバックパッカー税の税率が10.5%へ減税されるとのこと!

ミスターX
え…たったそれだけ?あんまり変わんないじゃん!

と思っているあなたのために、これがどれくらいお得か簡単に説明すると…

バックパッカー税が19%→10.5%になったらこんなにお得

税率が19%の場合

Abtdw 19

税率が19%の場合、5000ドルの所得があれば、TAXが950ドルとなり、手取りは4050ドルとなってしまいます。所得の約1/5が税金に持っていかれるってつらいですね…(;・∀・)

税率が10.5%の場合

Abtdw 105

税率が10.5%の場合、5000ドルの所得があれば、TAXが525ドルとなり、手取りは4475ドルとなります。税率が19%の場合と比較すると、その差額はなんと425ドル!

どうですか?決行大きな差がありますよね?425ドルといえば、一般的なノートパソコンやカメラが帰る金額です。もちろん所得額が多くなればなるほどこの差額も大きくなるので、減税によるメリットはより大きいものに!

ただし、税率は所得額によって税率が異なるので要注意です。2016年末迄の税率を紹介しているのでこれを読めばイメージができると思います。

【ワーホリ・オーストラリア】2016年7月、全てのワーホリメーカーに対する税金が32.5%の重税に!

2016.04.07

まとめ

  • オーストラリアのバックパッカー税が19%から10.5%に減税される
  • 8.5%の減税でも稼ぎに大きな差が発生する

当初は、2016年7月より、32.5%で導入予定だったバックパッカー税ですが、2017年1月へと延期がきまり、19%、そして10.5%へと減税が発表されました。

延期、そして減税はメリットではありますが、こうも何回も変更があると、オーストラリアでワーホリに中または、これから行こうと思っている人は困惑してしまうでしょう。

そこで、政府の施策に翻弄されることのないよう、僕が皆さんにおすすめするのは以下の2つ。

  • 稼ぐという目的だけでワーキングホリデーを選択しない
  • ワーキングホリデーの目的を明確化する

英語を学びたい。海外で生活してみた。海外の友達が欲しい。とにかく日本から飛び出したい。人それぞれ、いろんな理由でワーキングホリデーへ行くと思います。お金だけが目的じゃないこういった理由であれば、バックパッカー税導入のような政府の施策も気にせず、純粋にワーキングホリデーを楽しめると僕は思います。

そもそも、全てのワーホリメーカーがバックパッカー税の苦しむわけではないので、一度この記事に目を通してみて下さい。

増税で稼げなくなるは嘘!?ほとんどのワーホリメーカーには関係ありません。

2016.04.19
なっち
個人的には、このまま更に減税されて、最終的にはバックパッカー税廃止なんて話になれば嬉しいなと思っていますww

それではまた~\(^o^)/

おすすめの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2014年10月〜2016年6月末までオーストラリアでワーキングホリデーを経験。 今後は地元沖縄を拠点にビジネス展開できるように計画中。 パワームーブとスキル大好きなパワーヘッダー偽B-boy。 ダーツ、カメラ、写真、散歩、ブレイクダンスとやたらと多趣味の変人。