ANKER PowerExpand 12 in 1 USB-C Dockレビュー。Macbookのポート不足を解消する省スペースのUSB-Cハブ

Macbookを使っていて、このような不満を感じたことはありませんか。

  • USB-Cポートがもう少しあったらな
  • USB-Aポートが欲しい
  • SDカードがさせないのは不便

僕はめちゃめちゃ不満です。

特に下の2つは旧型のMacbookでは使えていたので、買い替えたタイミングで使えなくなり、仕方なくUSB-Cハブを購入しました。

Opro9 8 in 1 USB-Cハブレビュー

【Opro9 USB-C 8ports with line Docking レビュー 】持ち運びに最適な1台8役のUSB-Cハブ

2020年7月28日

小さくてコードを収められるので、持ち運びには便利なのですが、外出の度に接続したコードをすべて外すのが面倒だなと感じていました。

ケーブルを抜くのが邪魔くさい、現状のUSB-Cハブ

これを解消すべく、据え置き型のUSB-Cドッキングステーションを購入しました。

購入したAnkerの12in1USBCドック

まだつか初めてから日は浅いですが、スペックや接続方法の紹介、実際に使ってみた感想を共有したいと思います。

この記事の内容を動画でチェック!

更に高性能なThunderbolt3に対応したドッキングステーションのレビューはこちら

Anker PowerExpand Elite 13-in-1 Dockレビュー。Thunderbolt3対応の最強ドッキングステーション

Anker PowerExpand Elite 13-in-1 Dockレビュー。Thunderbolt3対応の最強ドッキングステーション

2020年12月30日

PowerExpand 12in1 USB-C PD MediaDockを使うメリット

Aneker12in1USBCドック

PowerExpand 12in1 USB-C PD MediaDock最大のメリットは、Macbookの給電、外部ディスプレイとの接続、外付けHDDやSDカードがこの製品1つでできること。

しかもMacbookとの接続は、USB-Cケーブル1本だけ!

急に外出しない時計ない場合でも、USB-Cケーブル1本を抜くだけでOK。充電も完了しています。

そして、帰宅したもう一度USB-Cケーブルを指し直せば、上記で紹介したすべての機能を全部利用できる。

この便利さは、一度使うと手放せなくなります。

PowerExpand 12in1 USB-C Dockの同梱物

Anker PowerExpand 12in1 USB-C Dockの同梱物
同梱物 12 in 1 USB-C Dock本体
取扱説明書
カスタマーサポート情報
電源アダプタ(60w)
USB-Cケーブル×2

  • USB2.0:1.8m
  • USB3.1:0.9m

このUSB-Cハブの同梱物はこんな感じ。本体給電用とラップトップ接続用の2つのUSB-Cケーブルが付属されているため、別途買い揃えるものはありません。

なっち
電源アダプタは小さい割に60wと高出力なので、これだけMacbook13inchの充電器として使えますね♪

PowerExpand 12in1 USB-C Dockのスペック

続いて、このドッキングステーションのスペックと給電能力を紹介していきます。

サイズと重量

サイズ 76x76x163mm
重量 408g

据え置き型のUSB-Cドッキングステーションって、横置きのものが多いんですけど、この製品は縦置きなので、場所をあまり取らずに設置できるので便利。

上部はプラスチック製で軽く、下部は鉄のような質感で重いので、縦に細長くても安定感がある作り。上部を何かで引っ掛けて推してしまわない限り、簡単に倒れることはなさそうです。

搭載ポート一覧

Anker PowerExpand 12in1 USB-C Dockの前面
前面 イヤホンジャック
microSDスロット
SDスロット
(SD3.0 UHS-1対応)
USB-C 3.0 PD非対応
(5Gbps, 5V=0.9A)
USB-A 3.0
(5Gbps, 5V=0.9A)
Anker PowerExpand 12in1 USB-C Dockの背面
背面 USB-C×2 PD対応
(5Gbps, 最大100w)
有線LANポート 最大1000Mbps
ディスプレイポート1.4
HDMI2.0
(4K, 60Hz)
USB-A3.0×2
(5Gbps, 5V=0.9A)

USB-A&C、HDMI、SDカードスロットが搭載されているので、コレ一台で必要最低限の機能を全て果たします。

ディスプレイポートとHAMIをそれぞれ使えば、2つの外部ディスプレイに出力できるのもしいポイント♪

注意点

背面にある2つのUSB-Cポートは、本体への給電とパソコンへの接続で埋まってしまうため、実際に使えるUSB-Cポートは前面の1つのみです。

また、USB-Cポートは外部ディスプレイの出力に対応していないので、デュアルディスプレイをしたい場合はHDMIポートまたはディスプレイポートの使用が必須です。

給電能力について

Anker PowerExpand 12in1 USB-C Dockの給電能力

同梱の電源アダプタは60wですが、Macbookに供給される(PDから実際に出力される)の、45wです。

60w(アダプタ出力)- 15w(USB-Cドック)= 45w(Macbook)

これは、USB-Cドック本体へ15wが使われてしまうため、残りの45wのみが出力されるという仕組み高だから。

出力が落ちるので、60wの入力が必要なMacbookPro13インチだと、充電速度が遅くなってしまうので要注意です。

ただし、自宅では常にこのUSB-Cドックに接続して使用するため、充電が遅くても全然気になりません。

最大100wの入力と85wの出力に対応しているので、ノートパソコンをどうしても急速充電したい人は、以前紹介したRAVPOWER RP-PC128などを使いましょう。

RAVPOWER RP-PC128レビュー

RAVPOWER RP-PC128レビュー。最大90W、USB-Cポートx2でコスパ抜群の急速充電器

2020年12月4日

パソコンとの接続方法&使い方

Aneker12in1USBCドック接続方法

接続方法は簡単でこんな感じです。

  1. 同梱のUSB-C 2.0 1.8mの長いケーブルをアダプタに接続し、本体背面のUSB-Cポートに接続
  2. 同梱のUSB-C 3.1 0.9mの短いケーブルをMacbook(ラップトップ)に接続
  3. ディスプレイ出力したい場合は、DPまたはHDMIケーブルを使ってモニターと接続
注意点

同梱の2つのUSB-Cケーブルは、それぞれ規格が異なります。逆に接続してしまった場合、正しい速度でデータ転送が行え位可能性があるので、間違えないようにしましょう。

なっち
ケーブルの太さと長さが違うので、注意していれば間違うことはないと思います。

まとめ

  • Anker PowerExpand 12 in 1 USB-C Dockは、省スペースで使える据え置き型のUSB-Cハブ
  • コレ一つで、給電、外部ディスプレイ出力、SDカードや外付けHDDが使えるようになるスグレモノ

持ち運びができるコンパクトなUSB-Cハブは便利ですが、やはり毎回ケーブルを脱着するは面倒で、基本的には持ち運ばずに使うようにしていました。

でもそんなときに限って、外出先でSDカードやUSB-Aポートが必要になったりするんですよね・・・

このUSB-Cドッキングステーションを購入したことで、古い方のハブはかばんに常備できるようになったので、この問題が解決されて幸せ\(^o^)/

不満があるとすれば、後少しUSB-Aポートが欲しかったな。まぁ同時にすべてのポートを使うことは殆どないので、現状はこれで満足です。

ポートが不足して困っているMacbookユーザの皆さんは、ぜひ購入を検討してみて下さい♪

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

2014年10月〜2016年6月末までオーストラリアでワーキングホリデーを経験。外資系企業に務めながら、副業でブログやサイトを運営し、今後は地元沖縄を拠点にビジネス展開できるように計画中。 ダーツ、カメラ、写真、散歩、ブレイクダンスとやたらと多趣味の変わった人。